保健福祉学専攻

保健福祉学専攻

保健福祉学専攻では、以下のような教育者の養成と研究者の育成に取り組みます

博士前期課程では、健康・医療・福祉に関する該博な知識と対人援助技術をもって、健康・医療と福祉分野を統合した協働的な保健福祉援助を実践できる専門的職業人、および生物・心理・社会的など多角的視点をもって保健福祉にかかわることのできる教育・研究者を養成します。

博士後期課程では、健康・医療・福祉に関する先端的研究や情報技術開発研究を自立しておこなうとともに、それらの分野の専門的人材の育成を担当することのできる教育・研究者、および地域社会のニーズを的確に把握して保健福祉事業を企画・立案し、行政や民間機関の専門職を指導する能力を持つ高度専門職業人を養成します。

専攻長:上原徹 教授

専攻 課程 学位
保健福祉学 博士前期課程
博士後期課程
修士(保健福祉学)
博士(保健福祉学)

担当教員と教育研究分野

教育研究分野 担当教員 主な研究内容
精神医学
臨床心理学
神経科学
上原徹 教授(専攻長)

自閉スペクトラム障害、心的トラウマ、摂食障害、メンタルヘルス、脳機能画像研究

家族社会学
老年社会学
福祉社会学
安達正嗣 教授 高齢者と家族に関する研究
ソーシャルワーク
社会精神保健学
精神保健福祉学
池田朋広 准教授 物質使用障害支援、触法精神障害者支援
社会福祉学 金井敏 教授 地域福祉政策及び実践に関する研究
コミュニティソーシャルワークに関する研究
保育学
子育て支援学
千葉千恵美 教授 子どもを取り巻く家庭や家族に関する研究
保育実践、子育て支援に関する研究
社会福祉学 永田理香 教授 キャリアパスを基盤とした福祉人材育成方法
及び組織マネジメントに関する研究
保健学
社会福祉学
高齢者福祉
松沼記代 教授 認知症高齢者のケア
施設職員の気づきの育成
施設内研修(人材育成)に関する研究
介護予防・レクリエーションに関する研究