薬学専攻

薬学専攻

薬学研究科薬学専攻では、高度な専門性をもちつつ現在そして未来の薬剤師業務と医療に対する総合的な視野を持ち、後継薬剤師育成およびチーム医療の推進において指導的立場に立てるスペシャリストの育成を目指しています。

専攻長:林正弘 教授(薬物動態学 / 薬学博士)

専攻 課程 学位
薬学 博士課程 博士(薬学)

担当教員と教育研究分野

教育研究分野 担当教員 主な研究内容
臨床薬物動態学 林 正弘 教授 薬物動態を制御する要因の解析及びその製剤学的研究
医薬品開発学 峯野知子 准教授 有機化学を基盤とした分子イメージングの研究
生体制御学 大根田絹子 教授 アレルギー・自己免疫疾患における恒常性維持機構の関連性
臨床薬物動態学 荻原琢男 教授 臨床薬物動態学の基盤及び実践的応用の研究
医薬品情報学 岡田裕子 准教授 妊娠及び授乳中における医薬品使用の安全性の評価
エピゲノム学 常岡 誠 教授 エピゲノム創薬を目指した転写調節機構の解明
細胞生理化学 今井 純 准教授 癌細胞の抗原提示機序を利用した特異的薬物療法の研究
薬効解析学 松岡 功 教授 臨床薬理学的作用と細胞内情報伝達系の関連
病態生理学 吉田 真 教授
本間成佳 講師
循環器系病態生理学的知見に基づく新規薬物治療の研究
生理活性物質の細胞内情報伝達機構の解析
衛生化学 平野和也 教授 感染症に対する生体防御のメカニズムの解明
分子製剤学 寺田勝英 教授 製品品質特性を制御する要因の解析と制御に関する研究
分子設計学 山際教之 教授 医薬品開発を支援する機能性有機分子の研究
臨床簡易分析化学 高橋成周 講師 機能性薄膜を利用したバイオセンサーの作製
臨床病態学 福間長知 教授 多様な方法論による循環器ストレス応答機構の解析
臨床薬学 大林恭子 教授 薬効に個人差を与える因子に関する研究
分子神経科学 福地守 准教授 神経系遺伝子発現制御機構の解明および創薬への応用