看護学科
看護学科
Prev
Next

 看護学科では、人類愛・生命倫理の精神に基づき、チーム医療を担う看護師・保健師として活躍できる高度医療専門職者の育成を目指しています。そのために必要な資質を備えた人を積極的に受け入れ養成します。詳細はアドミッション・ポリシー(AP)のページをご覧ください。本学科では、特に以下の力を高めていくことに力を入れています。

豊かな人間愛と責任感・倫理観を高め、看護や医療へ関心を深め
探究していく力

 人として相手を思いやる気持ちを深め、人間を全体的に理解し社会や環境との関わりについて学習をしていきます。人間の発達からみた小児期から老年期までを対象とした看護学の専門的な学びとともに、看護研究、統合実習を通して看護や医療への深い関心と探求心を養う教育を目指しています。

コミュニケーション能力を磨き、他者と協力しながら問題解決に
取り組む力

 看護専門職者として、医療や保健、福祉の専門職者と連携しながらチーム医療をコーディネートできる人材を育成していきます。そのためにコミュニケーション能力を磨き、協調性を持ちながら問題解決に当たれるよう、段階を踏んだカリキュラムを作成しています。また、地元の大中規模の医療機関と連携をとりながら、実践力を高められる教育環境を整え展開しています。

幅広い視野を持ち、向上心や忍耐力を兼ね備え、周囲の人を
勇気づけられる力

 幅広い視野を持ち、知性と感性を基盤にした思考力や判断力、実践力を兼ね備えたプロフェッショナルな看護師を養成します。また、国内外で活躍できる看護専門職者として必要な学習を積み重ね、様々な困難を抱える人々を勇気づけられる力を持った人を育成しています。