看護学専攻

看護学専攻

 看護学専攻は、看護学分野と助産学分野の2分野で構成され、看護学分野には、看護実践開発科学領域とケアシステム開発科学領域があり、助産学分野には、助産師養成領域と助産実践開発科学領域があります。
 看護学分野の看護実践開発科学領域では、チーム医療の中心的役割を担う高度な看護実践力と研究能力を修得し、ケアシステム開発科学領域では、ケアシステムや人材育成・管理システム等の開発力と研究能力を修得します。
 助産学分野の助産師養成領域では、自律的・主体的に助産活動が展開できる専門的知識と技術と研究能力を修得し、助産実践開発科学領域では、周産期医療・助産の質の向上を推進する高度な助産実践力と研究能力を修得します。

専攻長:大石時子 教授(助産学/保健科学博士)


専攻 課程 学位
看護学 修士課程 修士(看護学)
修士(助産学)

担当教員と教育研究分野

分野 領域 担当教員 主な研究内容
看護学 看護実践開発科学 吉田久美子 教授 1.治療中のがん患者のセルフケア能力向上支援プログラムの開発と活用の促進
石田順子 教授 1.がん患者とその家族のソーシャルサポートに関する研究
2.がん患者の家族機能に関する研究
砂賀道子 准教授 1.外科的治療を受けるがん患者への看護支援に関する研究
2.がん患者の適応を促進する力に関する評価指標の開発
倉林しのぶ 教授 1.死別ひとり親世帯への遺族ケアと社会的支援に関する研究
2.保健・医療・福祉分野における各職種の倫理観および倫理教育に関する研究
櫻井美和 准教授 1.小児がんの子どもと家族に対する症状マネジメント看護援助モデルの開発
2.小児がんの子どもと家族の緩和ケアプログラムの開発
田邊要補 教授 1.精神障がい者の内面化したスティグマに関する研究
2.精神的な問題をもつ人および精神に障がいのある人とその家族のセルフケアの促進に関する研究
武田貴美子 准教授 1.慢性疾患をもつ患者とその家族への療養支援に関する研究
箕輪千佳 准教授 1.リラックスを促す看護技術の効果に関する検証研究
2.看護介入としてのリラクセーションプログラムの開発
ケアシステム開発科学 棚橋さつき 教授 1.患者・家族の退院支援および在宅移行に向けたニーズに関する研究
2.患者・家族を支える在宅看護実践の構築に関する研究
池田優子 教授 1.看護師に対する人材育成教育プログラムの開発に関する研究
2.看護管理者のメンタルヘルスとストレスマネジメントに関する研究
助産学 助産師養成・
助産実践開発科学
大石時子 教授 1.ジェンダーが性行動に及ぼす影響を考慮した性教育の開発
2.妊産褥婦と女性の健康に影響する社会的要因についての研究
久保田隆子 教授 1.産科医療訴訟事件と医療安全に関する研究
2.助産の通過儀礼と習俗に関する研究