食品栄養学専攻

食品栄養学専攻

食品栄養学専攻においては、生活習慣病の一次予防に関わるバイオサイエンス・バイオテクノロジー等の先端科学に基づく食品研究を行う研究者や、食を通して人間の健康保持や生活習慣病の予防に貢献できる高度な専門知識と実践力をもった人材の育成を目指しています。

専攻長:綾部 園子 教授〔博士(学術)〕

専攻 課程 学位
食品栄養学 博士前期課程
博士後期課程
修士(食品栄養学)
博士(食品栄養学)

担当教員と教育研究分野

教育研究分野 担当教員 主な研究内容
調理機能学 綾部園子 教授(専攻長) 食品成分の調理による変化
介護食のおいしさ・食べやすさの評価
消化器病学 岡村信一 教授

大腸疾患(大腸がん、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、下痢、便秘など)の病態や治療

栄養教育学 木村典代 教授 スポーツ現場における栄養教育法の検討
運動時の酸化障害とその予防に関する栄養学的研究
栄養生理学
神経内分泌学
下川哲昭 教授 脂肪分化制御因子EID1の分子構造と機能
母性行動における脳内内分泌環境の解析
分子栄養学 曽根保子 准教授 ビタミンCの作用とその分子メカニズムに関する研究
体内の脂肪酸組成と血液中の脂質プロファイルとの関連解析
栄養生化学 田中進 教授 免疫におけるミネラルの作用効果の検討
リン脂質代謝に関する研究
栄養学
味覚科学
永井俊匡 准教授 タンパク質・糖質・脂質のバランス変化による肝臓代謝変化の解析
ヒトが食べ物の味を感じる仕組みの研究
下仁田ネギの辛味に関する分子生物学的研究
食品有機化学 松岡寛樹 教授 塩蔵野菜の生理活性とそれに由来する有機化合物の構造活性相関
食品由来廃棄物の再資源化研究
食品学
食物学
村松芳多子 教授 食べ物の成分と保蔵制御、およびその機能性に関する研究
食事の総合的評価に関する検討
公衆栄養学
公衆衛生学
渡辺由美 教授 体力と生活習慣の関係について
保健・医療情報と地理情報システムに関する研究