2020.12.01 学生活動

Japan-Finland Online International Exchange フィンランドで働く看護師さんとOnline交流しました

 今回のONLINE国際交流は本学と提携しているFinlandのJAMK大学を卒業後、ヘルシンキ大学病院の外科部門で仕事をされている日本人、ケニア人の2名の看護師さんがお相手でした。11月21日(土)16時から1時間半(Finlandは午前9:00~)のリモート交流で、本学からは社会福祉学科5名、看護学科4名、薬学科1名、卒業生4名が参加しました。このコロナ禍、双方の国での対応と人々の暮らしをテーマとし、発表とフリーディスカッションを行いました。感染者増加に伴って外出自粛規制や、店舗の営業時間短縮等は日本と共通していましたが、もともとマスクをつける文化の無い国でのマスク事情は日本と大きく異なり、病院内の医療従事者でもマスクなしの場合があるそうです。また、感染拡大顕著なヨーロッパの中で、フィンランドは比較的感染者が少なく安定している理由として、IT国家で、森、湖が多くて人口が少ない故に以前からテレワークが行われていたこと、シャイで元々人と距離感がある国民性等とメディアが分析しているとのことでした。文化、習慣的な理由から双方の異なる事情を初めて知った一年生は、驚き、共感、疑問の連続だったようです。海外研修を経験した先輩の質問する姿に刺激を受けたという学生もいましたが、同時に学科学年の垣根を超えた国際交流の楽しさを知り、対面授業が少ない中、自分の意見を言える貴重な機会になったという感想もありました。今後もオンラインを利用した実りある交流を企画していきたいと考えています。

Due to the present health emergency, the yearly International programs of exchange with the different universities around the world continue to take place, albeit in an online format. As part of this new way of interaction, the International Office conducted the second online international project with Finland with 2 nurses, one Japanese and one Kenyan, who are working in the surgical department of Helsinki University Hospital after graduating from JAMK University in Finland. The main topic of this project was “How do the people, healthcare systems and governments of both countries respond to the corona virus crisis”. This project was held follwing the same pattern used with the university of Vietnam. As with this first session, presentations and free discussions were part of the methodology. Highpoints of the discussion: As the number of infected people increased, there were restrictions on going outside and shortened store opening hours, which are common in both countries but in contries that do not have a culture of wearing masks, the situation with masks is very different from Japan, and even medical workers in hospitals sometimes do not wear masks. In Europe, where the spread of infection is remarkable, the number of infected people in Finland is relatively low, and the reason why the number of infected people is relatively stable is because the country is  an information technology nation with many forests and lakes and a small population and the people are shy and have a sense of distance from others. The first-year students, who learned for the first time about the different circumstances on both sides for cultural and habitual reasons, were surprised, sympathetic, and full of questions. Some students said they were inspired by the questions asked by their seniors who had studied abroad, and at the same time, they found the international exhcange enjoyable as it crossed departmental boundaries and was avaluable opportunity for them to voice their opinions in a class with few face-to-face meetings. We would like to continue planning fruitful exchanges using this new online method in the future.

フィンランドの感染者数

ヨーロッパの中での感染状況

ヘルシンキ大学病院 外科部門

リモート交流参加者

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 理学療法学科
保健医療学部 看護学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職データ
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス