2018.05.24 地域・研究活動

周産期ストレスは初老期の認知機能を障害することを発見

健康福祉学部の下川哲昭教授は、髙鶴裕介博士(上毛病院・医師)が主宰する研究グループに参画し、周産期(出産前後の期間;本研究では出産後)に「母子分離」というストレスを与えられた仔マウスは16ヶ月後(ヒトの初老期)において学習能力が低下することを発見しました。この現象には記憶をつかさどる海馬のグルタミン酸受容体の発現量低下が関与していることを明らかにしました。今回の成果は、誕生直後から幼少期に受けたストレスが時を経て、初老期の海馬機能を変化させ、認知能力を低下させることにつながることを発見した興味深い研究です。本研究成果は、Neurobiology of Agingの4月号に掲載されました。詳しくはこちらをご覧ください。研究概要ー下川201805223

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 看護学科
保健医療学部 理学療法学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
農学研究科
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職実績
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
高校生論文コンテスト
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス