2019.11.25 学生活動

フィンランドJAMK大学からサイバーセキュリティの専門家が本学を訪れました

11月14日(金)、提携大学であるフィンランド JAMK大学からサイバーセキュリティの専門家が本学を訪れ、学生や教職員に向けてサイバーセキュリティの基本知識やサイバーアタック等からの防御についての講義を行いました。JAMK大学のJyväskylä Security Technology(JYVSECTEC)は、サイバー演習、ネットワークインフラストラクチャに関するコンサルティングを、フィンランド国内外の企業や行政機関等に向けて行うサイバーレンジです。来日したMarko Vatanen氏は、Chief Technology Officerであり、またJAMK大学の修士コースで提供される「サイバーセキュリティの実装と実践及びサイバー演習」のメイン講師でもあります。サイバーセキュリティ分野における本学医療情報学科との学術協力の可能性について打合せをするために来学しました。 講義では、私たちが日常的に使用する様々なアプリケーションやメールなどに潜むサイバーアタックの脅威や防御方法といった身近な話や、病院、企業などをターゲットとした大規模な組織的犯罪に関する事例など、ネット社会で暮らす誰もが知っておくべき情報や注意点などを分かりやすく教えてくれました。 フロアからは、オリンピックを控えた日本のセキュリティのあり方や、暗証番号とその管理についてといった質問があり、エキスパートからの意見や助言を身近に聞くことができました。 本年夏に実施したフィンランド海外研修では、本学医療情報学科学生がJAMK大学のITコースで授業に参加する機会もあり、学術交流の更なる発展が楽しみです。

Mr. Marko Vatanen, Chief Technology Officer – JYVSECTEC visited the university and gave a lecture about Cybersecurity and JYVSECTEC – Jyväskylä Security Technology in Finland. JYVSECTEC is JAMK University of Applied Sciences IT Institute-based cyber security research, development and training center that offers companies and communities cyber security exercises and various information and cyber security related services. Mr. Vatanen works as a specialist at JYVSECTEC and is responsible for the technical architecture of JYVSECTEC’s cyber range RGCE (Realistic Global Cyber Environment). He provides in-depth training and comprehensive cyber security exercises. He is also a teacher responsible for two courses: Cyber Security implementation in practice and Cyber Exercises. The lecture included the threats and defense methods of cyberattacks through various applications and emails that we use on a daily basis, and cases of large-scale organized crime targeting hospitals, companies, etc. The audience asked questions about Japanese security ahead of the Olympics, PIN numbers and their management and got useful advices from Mr. Vatanen. During the summer study program held this year, two of our students from medical informatics had the opportunity to participate in a class at Jyväskylä Security Technology (JYVSECTEC). We are very much looking forward to the future of academic exchange between the two institutions.

講義の様子

質疑応答

 

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 看護学科
保健医療学部 理学療法学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
農学研究科
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職実績
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
高校生論文コンテスト
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス