マスト細胞における高親和性IgE受容体の転写制御メカニズムの一端を本学教員が解明

2019.11.16 薬学科

マスト細胞における高親和性IgE受容体の転写制御メカニズムの一端を本学教員が解明

薬学部薬学科 分子生態制御学研究室 大森慎也講師・大根田絹子教授(現・東北大学)らは、I型アレルギーに関与するマスト細胞高親和性IgE受容体β鎖遺伝子の転写制御の仕組みを明らかにしました。本研究は10月28日付でMolecular and Cellular Biologyに掲載され、Spotlight Journalと掲載巻の表紙に選出されました。

マウスマスト細胞において高親和性IgE受容体β鎖遺伝子の発現は、転写因子PU.1とGATA2が異なる役割を介して制御している。

【掲載論文】

Ohmori S, Ishijima Y, Numata S, Takahashi M, Sekita M, Sato T, Chugun K, Yamamoto M, Ohneda K. GATA2 and PU.1 collaborate to activate the expression of the mouse Ms4a2 gene encoding FcϵRIβ through distinct mechanisms. Mol Cell Biol. 2019 Oct 28;39(22).

URL: https://mcb.asm.org/content/39/22/e00314-19

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 理学療法学科
保健医療学部 看護学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職データ
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス