2019.10.18 学生活動

ドイツ・Fresenius大学にて研修を行ってきました

9月10日~21日の12日間,理学療法学科3年生の5名がドイツのFresenius大学 理学療法専攻に訪問し研修を行ってきました。本研修は今年で継続8年目を迎え,相互のニーズを理解しながらますます充実した内容となっています。

研修ではミュンヘンキャンパスとフランクフルトキャンパスを訪れ,それぞれ理学療法分野における「筋膜に対する治療」と「Functional Movement Screen」をテーマに授業参加,グループワーク,病院見学を行ってきました。互いに母国語ではない英語を用いたコミュニケーションに苦労しながらも,発表の際には堂々とプレゼンをする様子に短期間での成長を感じました。また,滞在中は全日程ドイツの学生宅でのホームステイを経験し文化交流,学生交流を深め,他では得られない大切な友人との繋がりを得ることができました。

この交流研修は相互受入を行っており,2020年初旬にはドイツ学生の訪日受入研修を実施する予定です。ドイツの学生で日本の理学療法に関心の高い学生は多く,充実した研修を計画できるよう学生とともに準備を進めているところです。

高崎健康福祉大学とフレセニウス大学は,今後とも交流を発展させていきます。

*本研修は日本学生支援機構の留学生支援制度に採択され,奨学金を得て実施されました。

5 physiotherapy students participated in the 8th yearly study program at Fresenius University of Applied Sciences in Germany which was held from the 10th to the 21st of September, 2019 both Munich and Frankfurt. Our students participated in classes in their field of physiotherapy, group work and also visited hospitals as part of this year’s project titled “The Fascia Treatment” and “The Functional Movement Screen”. Although it was a challenge to communicate and understand English during the program, students tried their best during activities and presenting what they learned.  The home stay experience was one of the greatest students’ experiences. The open arms of friendship by the German students and support from all the staff members at Fresenius will remain as unforgettable memories for our students.  

  German students will visit in early 2020 Takasaki University of Health and Welfare as part of the mutual exchange study program. It is good news to hear that many German students have already showed their interest in Japanese physiotherapy and we are very much excited to return their kindness by preparing a well-organized program for them.

  We hope a long lasting relationship and furthering strengthening or ties.

Fascia exercise発表
Welcome dinner
Functional movement screen 体験
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス