群馬県食品工業協会の農学部施設の見学と意見交換会を開催しました

2021.01.25 生物生産学科

群馬県食品工業協会の農学部施設の見学と意見交換会を開催しました

群馬県食品工業協会(理事長:市川豊行氏)より、同協会員を対象にした研修会として、本学農学部研究棟とスマート農場の施設見学および農学部教員との意見交換会の依頼があり、下記の通り実施しました。
 日時:2020年11月13日(金)13:30-16:30
 場所:10号館201講義室、農学部棟、附属農場

内容:
■農学部施設の見学について
 農学部棟北側にあるスマート農場のグリーンハウスの最新設備やトマトやイチゴなどの栽培状況などを見学し、ドローンを用いた記念撮影などを行いました。農学部棟内見学は4階(生命科学研究室や専門実験室など)と3階(フードサイエンス各研究室や学生実験室、機器室など)、および1階の食品加工室を中心に行いました。

■意見交換会について
 研修会参加者24名、学部教員12名、大学キャリアサポートセンターから1名の参加がありました。企業側からの質問として、大学に質問や相談をしたいときどのようにしたらよいか、また、個別企業が抱えている問題点などについて専門的な質問があがりました。大学側から、「産地米を含め、群馬県産を売りにした食べものが少ないように感じるが」の質問に対し、各社から「いろいろ県の特徴が出るものを作っている」との紹介がありました。大学側から、学生のインターンシップや将来の就職などについて話題を提供し、協会担当者から、インターンシップは業界内を活発にするきっかけにもなるので、食品工業協会内で今後調整を行い、協会が窓口になって大学と企業との間をつなぐ橋渡しなど協力できるようにしたいなどの意見が出されました。

■群馬県食品工業協会について
 県内に本社や工場を持つ食品製造業、食品関連企業などが連携を図るために昭和48年に発足し、主に技術面での交流や連携を積極的に推進してきました。参加会員は2020年4月段階で92会員(団体会員9、企業会員67、賛助会員16)。事務局は群馬産業技術センター内にあり、群馬県とも密接に連携し、県内の食品業界を束ねる唯一の協会です。


農場に設置されているグリーンハウスを
見学する参加者

意見交換会:
前列に教員が並び熱心に意見を交換

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 看護学科
保健医療学部 理学療法学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
農学研究科
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職実績
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
高校生論文コンテスト
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス