本学科教員の研究成果がJournal of The Science of Food and Agriculture誌に掲載されました

2018.06.28 健康栄養学科

本学科教員の研究成果がJournal of The Science of Food and Agriculture誌に掲載されました

熊倉助教・松岡教授らのグループの論文が、Journal of The Science of Food and Agriculture誌に掲載されました。
雑誌名:「Journal of The Science of Food and Agriculture」
(掲載日:2018年6月22日)
論文タイトル:Protein components of water extracts from fruiting bodies of the Reishi mushroom Ganoderma lucidum contribute to the production of functional molecules.
著者:Kei Kumakura, Chiaki Hori, Hiroki Matsuoka, Kiyohiko Igarashi, Masahiro Samejima
URL:https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jsfa.9211

【要旨】
<背景>きのこの抽出物は様々な機能性を有し、健康食品として広く利用されている。我々はきのこ抽出物中の酵素が機能性分子の生成において重要な役割を果たしていると考えた。そこで、本研究では、プロテオミクスアプローチにより、霊芝から水抽出したタンパク質の同定を試みた。また、アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害活性を向上させるための適切な抽出方法を検討した。

<結果>きのこ水抽出物からはβ-N-アセチルヘキソサミニダーゼ(GHファミリー20)、α-1,2-マンノシダーゼ(GHファミリー47)、エンド-β-1,3-グルカナーゼ(GHファミリー128)およびβ-1,3-グルカナーゼ(GH152)のような種々のグリコシド加水分解酵素(GH)が同定された。抽出物中にはグルカナーゼ活性が残存し、β-オリゴ糖を生成した。さらに、ペプチダーゼG1ファミリーに属するグルタミン酸プロテアーゼが主要タンパク質として同定され、残存ペプチダーゼ活性がACE阻害活性に関与することを見出した。また、抽出条件を検討した結果、50℃での抽出は、高いACE阻害活性を有する機能性分子を産生するのに適していると考えられた。

<結論>一般に、きのこにおける水抽出は、子実体に存在する機能性分子を抽出すると考えられている。本研究は、抽出行程において酵素が機能性分子を生成するという新しい概念を提案した。

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 看護学科
保健医療学部 理学療法学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
農学研究科
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職実績
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
高校生論文コンテスト
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス