健康福祉学部 医療情報学科 就職先

医療情報学科 2018年卒業 高野 稚依菜

 現在、全国の国立大学病院に対する調査業務に携わっています。具体的には、医師、看護師の数といった基本情報をはじめ、手術件数、職場環境など、病院の指標となるデータを作成しています。これらは各病院にフィードバックされ、医療の質の評価や病院経営の改善に役立てられています。
 データベースセンター内の膨大なデータを抽出するときには、SQLというデータベース言語を使います。また、抽出したデータの分析には、医療統計の知識が必須です。この2つは、大学時代に情報と医療の授業で学びました。今も現場で直接役立っています。
 もともと誰かの役に立ちたいという思いから、医療関係の仕事を志望しました。現在の職場を選んだのは、大学で取得した診療情報管理士の専門性を発揮するため、早くからデータに触れられる環境で経験を積みたかったからです。ゆくゆくは、医療の質や病院の経営の改善に活かせる有益なデータを集計し、大学病院に提示できるようになりたいと考えています。そのためにも今後、プログラムや統計の知識を深めていきたいです。

 データベースセンター内の膨大なデータを抽出するときには、SQLというデータベース言語を使います。また、抽出したデータの分析には、医療統計の知識が必須です。この2つは、大学時代に情報と医療の授業で学びました。今も現場で直接役立っています。 もともと誰かの役に立ちたいという思いから、医療関係の仕事を志望しました。現在の職場を選んだのは、大学で取得した診療情報管理士の専門性を発揮するため、早くからデータに触れられる環境で経験を積みたかったからです。ゆくゆくは、医療の質や病院の経営の改善に活かせる有益なデータを集計し、大学病院に提示できるようになりたいと考えています。そのためにも今後、プログラムや統計の知識を深めていきたいです。

専門性が高い部署で、大きな大学病院にありながら、少人 数で構成。
担う役割と責任は大きいと感じます。

資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス