健康福祉学研究科 保健福祉学専攻

保健福祉学専攻

保健福祉学専攻では、以下のような教育者の養成と研究者の育成に取り組みます。
博士前期課程では、健康・医療・福祉に関する該博な知識と対人援助技術をもって、健康・医療と福祉分野を統合した協働的な保健福祉援助を実践できる専門的職業人、および生物・心理・社会的など多角的視点をもって保健福祉にかかわることのできる教育・研究者を養成します。
博士後期課程では、健康・医療・福祉に関する先端的研究や情報技術開発研究を自立しておこなうとともに、それらの分野の専門的人材の育成を担当することのできる教育・研究者、および地域社会のニーズを的確に把握して保健福祉事業を企画・立案し、行政や民間機関の専門職を指導する能力を持つ高度専門職業人を養成します。

専攻長:上原徹 教授

専攻 課程 学位
保健福祉学 博士前期課程
博士後期課程
修士(保健福祉学)
博士(保健福祉学)

担当教員と教育研究分野

教育研究分野 担当教員 主な研究内容
精神神経科学
臨床心理学
上原徹 教授(専攻長)

自閉スペクトラム障害、心的トラウマ、摂食障害、メンタルヘルス、脳機能画像研究

家族社会学
老年社会学
福祉社会学
安達正嗣 教授 高齢者と家族に関する研究
ソーシャルワーク
社会精神保健学
精神保健福祉学
池田朋広 准教授 物質使用障害支援、触法精神障害者支援
社会福祉学 石坂公俊 准教授 社会福祉発達史
公的扶助に関する研究
社会福祉学 金井敏 教授 地域福祉政策及び実践に関する研究
コミュニティソーシャルワークに関する研究
保育学
子育て支援学
千葉千恵美 教授 子どもを取り巻く家庭や家族に関する研究
保育実践、子育て支援に関する研究
社会福祉学 永田理香 教授 キャリアパスを基盤とした福祉人材育成方法
及び組織マネジメントに関する研究
保健学
社会福祉学
高齢者福祉
松沼記代 教授 認知症高齢者のケア
施設職員の気づきの育成
施設内研修(人材育成)に関する研究
介護予防・レクリエーションに関する研究
健康教育学
健康・スポーツ科学
山西加織 准教授 保育現場や子育て家庭における運動支援に関する研究
女性の健康支援に関する研究

教育方針

ディプロマポリシー(DP)

博士前期課程

  1. 保健福祉学の基礎理論および保健福祉政策に関する該博な知識を身につけている。
  2. 精神保健、高齢者福祉等の保健福祉における諸問題に関する専門的知識を身につけている。
  3. 対人援助技術を修得し、それを活用して保健福祉的援助を実践する能力を身につけている。
  4. 保健福祉における未解決の課題に関する研究を行い、その成果を適切に取りまとめて発表する能力を身につけている。
  5. 保健福祉分野の専門職としての使命感と倫理観をもつ。

博士後期課程

  1. 健康・医療・福祉に関する先端的研究や情報技術開発研究を自立して行うための豊かな見識と専門的知識・技能を身につけている。
  2. 独自の研究計画を立案して、それを実行することにより、研究成果を得る能力を身につけている。
  3. 研究の成果を適切に取りまとめ、専門学会で口頭発表するとともに、原著論文を作成して専門学術誌に発表する能力を身につけている。
  4. 研究成果を地域社会の保健福祉の改善に生かすための実践的応用能力を身につけている。
  5. 保健福祉分野の専門職として高い倫理性と強固な責任感をもって、自らの研究を遂行する能力をもつ。


【学位論文審査基準】

 【修士論文の審査基準】

  1. 修士学位論文は、医療福祉情報学・保健福祉学・食品栄養学領域における独自の研究結果と考察を含んだ自著の論文とする。論文は上記の研究領域における研究能力や高度な専門性を必要とする職務を担うための優れた能力を証明するものでなければならない。
  2. 修士論文の評価は以下の項目について行う。
  3. (1)新規性
  4.    従来の研究にはない新たな知見が含まれていること。
  5. (2)課題設定の適切性
  6.    専攻分野の研究の現状と先行研究を踏まえ、研究の背景、位置づけ、目的が適切に述べられていること。
  7. (3)研究方法の妥当性
  8.    研究方法、調査・実験方法が妥当なものであり、その内容が具体的に示されていること。
  9. (4)内容の適切性
  10.    論文を構成する本文、図、表、引用、文献リストが十分かつ適切に整備されていること。
  11. (5)論旨の一貫性
  12.    問題提起から結論に至るまでの記述が明確で、首尾一貫した論理性を持つこと。
  13. (6)倫理性
  14.    学術研究が従うべき規範が守られていること。

【博士論文の審査基準】

  1. 博士学位論文は、新たな学術内容を含む保健福祉学・食品栄養学領域の自著の論文とする。論文は、独立した研究者として研究を遂行できる能力を証明するものであり、その主要部分が、論文提出者の単著の、または論文提出者を筆頭著者とする、原著論文として査読制度のある学術雑誌に掲載されている(または修了判定時までに掲載が決定されている)か、もしくは単行本形式の学術書として出版されていなければならない。
  2. 博士論文の評価は以下の項目について行う。
  3. (1)独創性・学術的価値
  4.    十分な新規性と独創性を持ち、専攻分野の研究の進展に寄与するものであること。
  5. (2)課題設定の適切性
  6.    専攻分野の研究の現状と先行研究を踏まえ、研究の背景、位置づけ、目的などが適切に述べられていること。
  7. (3)研究方法の妥当性
  8.    研究方法、調査・実験方法が妥当なものであり、その内容が具体的に示されていること。
  9. (4)内容の適切性
  10.    論文を構成する本文、図、表、引用、文献リストが十分かつ適切に整備されていること。
  11. (5)論旨の一貫性
  12.    問題提起から結論に至るまでの記述が明確で、首尾一貫した論理性を持つこと。
  13. (6)倫理性
  14.    学術研究が従うべき規範が守られていること。
  15. カリキュラム・ポリシー(CP)

    博士前期課程

    1. 保健福祉領域における現状調査や支援・介入効果研究に必要な知識と技術を修得するために「研究技法系科目」を設置する。
    2. 高度な知識と技能をもつ保健福祉専門職として必要な知識・技術を修得するために「保健福祉援助系科目」を設置する。
    3. 保健福祉領域における現代的・先駆的課題についての知識と支援技術を修得するための「高度専門領域系科目」を設置する。
    4. 健康と福祉を統合して問題解決にあたる能力を養うために、専攻の枠を超えて、選択科目として他専攻の開講科目も履修可能とし、4単位までを本専攻の選択科目として認定する。
    5. 指導教員の下で受ける研究指導を「特別研究」として設置し、修士論文の作成を課す。

    博士後期課程

    1. 博士論文の課題と関連のある2科目(8単位)以上の履修を課す。
    2. 指導教員の下で受ける研究指導を「特殊研究」として設置し、博士論文の作成を課す。
    3. 博士論文作成の過程において、所定の中間報告会における発表を課す。
    4. 提出する博士論文が【学位論文審査基準】に適合するよう、学位論文の主要部分について、学会発表、学会誌投稿等を行うことを促す。

    入試概要

    名称 修業年限 入学定員 学位
    保健福祉学専攻 2年 3名 修士(保健福祉学)
    3年 3名 博士(保健福祉学)

    入学者受け入れ方針

    保健福祉学専攻博士前期課程

    本課程では、保健・医療の専門職と連携して保健福祉援助を実践するために必要な高度な知識・技能や行政的な企画運営能力を持つ保健福祉分野における高度専門職、およびこの分野の人材育成と保健福祉に関する研究を担う教育・研究者の養成を目指しています。したがって、本課程では、保健または福祉に関する基礎的知識と技能を持って、さらに高度な対人援助技術を修得するとともに保健福祉援助の方策に関する研究を行うことのできる意欲と能力のある学生、または社会人の入学を期待しています。

    保健福祉学専攻博士後期課程

    本課程では、健康・医療・福祉に関する先端的研究や情報技術開発研究を自立して行うとともにそれらの分野の人材育成を担当する教育・研究者、および研究成果を地域社会の保健福祉の改善に生かすための実践的応用能力を持つ人材の養成を目指しています。具体的には、保健福祉に関わる地域のニーズを把握して、必要な方策を提案できる高度専門職、保健福祉の理論と実践に基づき、多岐にわたる情報管理や新しい情報システムの構築を担う専門的人材、および新たな対人援助の方法を開発する教育・研究者などの養成に取り組んでいます。したがって、本課程では、健康・医療・福祉分野で、専門職の指導者、あるいは教育・研究者を目指す意欲と能力を持つ学生、または社会人の入学を期待しています。

健康福祉学研究科
保健福祉学専攻
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス