保健医療学研究科 看護学専攻

看護学専攻

看護学専攻は、看護学分野と助産学分野の2分野で構成され、看護学分野には、看護実践開発科学領域とケアシステム開発科学領域があり、助産学分野には、助産師養成領域と助産実践開発科学領域があります。
看護学分野の看護実践開発科学領域では、チーム医療の中心的役割を担う高度な看護実践力と研究能力を修得し、ケアシステム開発科学領域では、ケアシステムや人材育成・管理システム等の開発力と研究能力を修得します。
助産学分野の助産師養成領域では、自律的・主体的に助産活動が展開できる専門的知識と技術と研究能力を修得し、助産実践開発科学領域では、周産期医療・助産の質の向上を推進する高度な助産実践力と研究能力を修得します。

専攻長:大石時子 教授(助産学/保健科学博士)

専攻 課程 学位
看護学 修士課程 修士(看護学)
修士(助産学)

担当教員と教育研究分野

分野 領域 担当教員 主な研究内容
看護学 看護実践開発科学 吉田久美子 教授 1.治療中のがん患者のセルフケア能力に関する看護研究
2.終末期がん患者のQOLに関する看護研究
石田順子 教授 1.がん患者とその家族のソーシャルサポートに関する研究
2.がん患者の家族機能に関する研究
砂賀道子 教授 1.外科的治療を受けるがん患者への看護支援に関する研究
2.がん患者の適応を促進する力に関する評価指標の開発
倉林しのぶ 教授 1.死別ひとり親世帯への社会的支援に関する研究
2.保健・医療・福祉分野における各職種の倫理観および倫理教育に関する研究
高田絵理子 教授 1.精神障害者の地域生活支援に関する研究
2.精神科デイケア利用者のセルフケア能力に関する研究
神田清子 教授 1.がん治療期・終末期にある患者の症状マネジメントに関する研究
2.がんに携わる看護職の教育に関する研究
櫻井美和 准教授 1.小児がんの子どもと家族に対する症状マネジメント看護援助モデルの開発
2.小児がんの子どもと家族の緩和ケアプログラムの開発
箕輪千佳 准教授 1.リラックスを促す看護技術の効果に関する検証研究
2.看護介入としてのリラクセーションプログラムの開発
ケアシステム開発科学 棚橋さつき 教授 1.在宅看護領域における看護管理・人材育成に関する研究
2.地域ケアシステム構築に関する研究
小笠原映子 教授 1.ケア情報共有のICT化に関する研究
2.在宅看護領域に関する研究
助産学 助産師養成・
助産実践開発科学
大石時子 教授 1.ジェンダーが性行動に及ぼす影響を考慮した性教育の開発
2.妊産褥婦と女性の健康に影響する社会的要因についての研究
久保田隆子 教授 1.産科医療訴訟事件と医療安全に関する研究
2.助産の通過儀礼と習俗に関する研究

教育方針

ディプロマポリシー(DP)

助産師養成領域

【研究計画書審査基準】

  1. 先行研究を踏まえて、研究背景が系統的に述べられている
  2. 研究目的が明確である
  3. 研究の意義が述べられている
  4. 研究目的に適した研究方法が選択されている
  5. 研究倫理を配慮した計画になっている

【論文審査基準】

  1. 問題意識が明確で研究テーマの設定が適切である
  2. 先行研究が十分検討され、整理されている
  3. 研究目的に適した研究方法を用いている
  4. 論文の記述が十分かつ適切であり、結論にるまで首尾一貫した論理構成である
  5. 保健医療学・看護学・助産学への貢献度がある

【最終試験基準】

  1. 研究課題に関連する専門的知識と豊かな見識、倫理観を有している
  2. 課題研究を通して保健医療学・看護学・助産学、保健医療・看護・助産実践の向上への貢献について述べられる
  3. 高度医療専門職、教育・研究職としての態度・資質を有している
  4. 今後、高度医療専門職、教育・研究職としての活躍が期待できる

看護実践開発科学領域・ケアシステム開発科学領域・助産実践開発科学領域

【研究計画書審査基準】

  1. 先行研究を踏まえて、研究背景が系統的に述べられている
  2. 研究目的が明確である
  3. 研究の意義が述べられている
  4. 研究目的に適した研究方法が選択されている
  5. 研究倫理を配慮した計画になっている

【論文審査基準】

  1. 問題意識が明確で研究テーマの設定が適切である
  2. 先行研究が十分検討され、整理されている
  3. 研究目的に適した研究方法を用いている
  4. 論文の記述が十分かつ適切であり、結論に至るまで首尾一貫した論理構成である
  5. 研究の実施、結果の公開において倫理的な問題がない
  6. 新知見が得られ、保健医療学・看護学・助産学への貢献度がある
  7. 保健医療学・看護学・助産学関連の雑誌に投稿した場合、掲載されるレベルにある

【最終試験基準】

  1. 研究課題に関連する専門的知識と豊かな見識、倫理観を有している
  2. 課題研究を通して保健医療学・看護学・助産学、保健医療・看護・助産実践の向上へ の貢献について述べられる
  3. 研究成果を積極的に公表する姿勢を有している
  4. 高度医療専門職、教育・研究職としての態度・資質を有している
  5. 今後、高度医療専門職、教育・研究職としての活躍が期待できる
  6. カリキュラム・ポリシー(CP)

    1. 看護学分野の看護実践開発科学領域とケアシステム開発科学領域、助産学分野の助産師養成領域と助産実践開発科学領域の2分野4領域が相互に影響し合い、柔軟に連携ができるカリキュラムを編成している。
    2. チーム医療を担う高度看護専門職者、看護管理者の育成のために必修科目に「チーム医療特論」「チーム医療アプローチ特別演習」を配置している。
    3. 各領域の特論と演習および特別研究が連動し、実践課題を研究テーマにした研究活動が十分実施できるようになっている。
    4. 社会人である医療専門職者の学習と職業との両立を可能にするために、夜間、土曜日開講を行い、2年コースと3年コースのどちらかを選択できる環境を整えている。

    入試概要

    名称 修業年限 入学定員 学位
    看護学専攻 2年 6名 修士(看護学)
    修士(助産学)

    ※ 定員6名には社会人を含む。
    ※ 社会人入学者に対応するため、授業は、一般昼間学生対応の昼間時間割の外に社会人入学者対応として、大学院設置基準第14条特例を採用した夜間及び週末時間割での授業を行います。

    看護学専攻修了と同時に助産師国家試験受験資格が取得が可能

    助産師は未来の社会を担う人や家族の誕生を支援する高度な専門職です。単身・核家族が85%を占める現代では、妊娠前、妊娠中、出産、育児の過程における助産師のきめ細やかなケアや親となるカップルへの支援が求められています。本学では群馬県下で初めて助産師養成を修士課程で行います。

    入学者受け入れ方針

    1. チーム医療の中心的役割を担う高度実践看護専門職者や、周産期医療の質の向上を目標とし高度実践助産師を目指す意欲ある学生の入学を期待します。
    2. 保健医療学・看護学・助産学の発展に貢献する教育・研究者を目指す意欲ある学生の入学を期待します。
    3. 助産師資格を取得し、自律的・主体的な助産活動ができる助産師を目指す意欲ある学生の入学を期待します。

保健医療学研究科
看護学専攻
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス