2019.11.18 学生活動

【国際交流】ベトナム・ホーチミン医科薬科大学とタイ・タマサート大学の学生が本学を訪れました

令和元年10月20日から10月26日までの7日間、ベトナム ホーチミン医科薬科大学から学生17名、教員2名、タイ タマサート大学から学生5名、教員1名を迎え、日本の最先端科学技術や研究を紹介する2つのプログラムが実施されました。

①福祉・介護分野における最新科学・ロボット技術の理解と体験をテーマとしたプログラムでは、少子高齢社会を背景に日本でますます必要となるであろう福祉ロボットに関する講義、施設訪問等を中心に行いました。福祉現場においてのAIは介護者を支援するものであり、介護者に代わるものではないという考えや実際の利用者、利用方法などを知見することで、ベトナムにおいて近い将来直面するであろう課題をじっくり考える機会となったようです。日本人学生を交え行われたディスカッションでは、テクノロジーをどのように扱い使用するか、使用者の正しい知識やモラルが重要であること、また将来の様々な可能性について活発に意見交換する様子が印象的でした。

②医療看護分野におけるICT技術の導入と人材育成をテーマとしたプログラムでは、本学教員によるがん看護、認知症看護、在宅医療の講義、病院、福祉施設視察の他、バーチャルリアリティ(VR)を利用した認知症の体験では、タイ、ベトナム双方の学生が活発なディスカッションを行いました。留学生が日本の最先端看護技術の知見を得ることを目指したこのプログラムですが、双方にとって大変有意義な時間となりました。

留学生が楽しみにしていた日本食、本学学生宅でのホームステイ、文化体験は、多くの本学ボランティア学生が主体的に準備をし、大いに交流することができました。新たな友人を得、双方の学生にとって特別な機会となったことでしょう。 将来、母国の保健医療政策に大きく関わるであろう優秀な留学生を迎えての学術的、文化的な相互交流プログラムが行えることは、本学にとって大変喜ばしいことです。 ご多忙中、尽力くださった全ての方々に深く感謝申し上げます。

17 students from the University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh city, Vietnam, and 5 students from Thammasat University, Thailand successfully concluded the joint program at Takasaki University of Health and Welfare supported by funds from the Sakura Science Program of the Japan Science and Technology Agency from the 20th to the 26th of October of 2019. The main themes this year were:

①  Understanding and Experiencing the Futuristic Robotic Technology in the Field of Welfare and Nursing Care: The program focused on lectures on welfare robots and facility visits that have become increasingly necessary in Japanese society. It was an opportunity for the visiting students to reflect and deliberate thoughtfully on how technology can support and assist both caregivers and caretakers as well as weigh the pros and cons of this futuristic technology. We are hoping that this exposure will allow students to make use of this new information that could eventually be used to tackle the medical and welfare challenges Vietnam faces as well as further deepen the bound between both countries.

② Introduction of ICT Technology and Human Resource Development in the Field of Medical Nursing: Virtual reality (VR) simulation to understand how dementia patients perceive their surroundings was one of the unique opportunities to experience and learn how technology can actually enhance nursing education. In addition, students had opportunities to participate in special lectures of cancer nursing, home medical care as well as visiting hospitals and welfare facilities. It was an intensive and a productive time for students from 3 countries to discuss ideas and explore the possibilities of ideal nursing care practices using latest technologies.

Students enjoyed activities such as painting Daruma dolls, dye experiences, homestay always surrounded by the warm support given by Japanese students were highlighted by all the participants when the time came to give their feedback. It cannot be overemphasize to say that deepening the friendship and sharing memorable experience actually made this program a successful and meaningful one. We would like to express our deepest gratitude to all those who provided their support and were involved in this program.

 

研究室訪問

VR認知症体験

染色体験

アオザイでのダンスを披露

ホームステイ体験

VR認知症体験

資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス