教職支援センター

ごあいさつ

平成26年4月に誕生した「教職支援センター」は、令和の時代を迎えて開設6年目を迎えました。6年間に及ぶ本センターの取り組みは、本学の教職員をはじめ多くの連携する機関や施設の方々のご理解やご支援に支えられ、卓越した専門性を持つ教員養成・保育者養成を具現化することができたものと確信しております。群馬県をはじめ多くの都道府県で、本学を卒業した学生が、自信を持って子どもたちの保育や教育に笑顔で取り組んでくれていることが、本センターのスタッフの大きな喜びであると共に、本センターに課せられた大きな使命とあらためて感じる次第です。

平成29年3月に幼稚園教育要領、保育所保育指針、幼保連携型認定こども園教育・保育要領が告示され、幼児教育の在り方が大きな変革の時期を迎えております。また、小学校並びに中学校の学習指導要領も同じく平成29年に改訂が告示され、グローバルな視点にたった学びの在り方の改革に大きく舵を切った事は周知の事実です。その流れの中で保幼こ小の連携の促進は、令和の教育改革の重要な柱となりました。本学は幼稚園、保育園、幼保連携型認定こども園、小学校、中学校、特別支援学校に将来の進路を求める学生が一堂に会して学ぶ場を持つ大学として、群馬県内を始め近隣県より多数の学生が進学してきております。その学生たちが4年間の学生生活を通して、保幼こ小中特に働く教職員として、お互いの職種を深く理解し、そしてお互いに尊重しながら連携を促進していくための人的関係性の充実を図ることが大切です。特に、これからの保幼こ小の意味ある連携は不可欠であり、本センターの重要な役割の一つであると考えております。本センターは、その課せられた使命を果たすべく、教職・保育職等を将来の自分の姿として目指す学生たちに、資料を整えたり、教職・保育職の就活に係る講座を開設したり、面接・論作文の練習をスタッフが丁寧に実施するなどの支援を継続的に実施して参ります。

さらに、本センターは地域貢献として、地域の教職員免許状をお持ちの方々を対象に、毎年免許状更新講習の実施し、ご好評をいただいております。今後も、学生の育成に加え、地域の教育・保育等の質の向上に向けて、本センターのスタッフ一同、真摯に取り組んで参りますので、これまで以上のご理解、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

教職支援センター長 栗原 幸正

教職支援センターの活動内容

教員採用試験・幼保採用試験の支援

全学的な協力体制のもと一人一人の自己実現が図れるよう、自主的・自立的な学修活動を支援します。
○各自治体の教員採用試験・幼保職・公務員等への採用試験に向けた講義、講座、演習を実施します。
○個別ガイダンス、面接や論文作成等の指導を行います。
○キャリアサポートセンターと連携と取り合い一人一人を支援します。
○ボランティア活動についてもボランティア・市民活動支援センターと連携を取り支援します。

採用試験に関する情報収集及び最新情報資料収集

○採用試験に関する情報、最新情報資料の収集、時事的教育内容、今日的教育課題把握のための情報誌を揃えています。
○文部科学省検定教科書、文部科学省著作教科書等を収集しています。

学生の自主学習の場を提供

○センター内のコーナーを使って、自己課題に取り組めます。
○図書や資料の活用ができるよう、貸出をしています。

教育課程管理

○教職履修カルテの管理を行います。
○教員免許状・保育士資格等の申請を行います。

地域貢献

○教員免許状更新講習を実施しています。
○インターンシップや地域活動を支援します。

開室時間 月~金 9:00~17:00(祝祭日を除く)
*通常授業日に指定されている祝日は開室しています。
*本学全体の行事等がある場合、短縮もしくは休業する場合があります。
*春休み・夏休み等の長期休暇中は短縮もしくは休業する場合があります。
場所 〒370-0033 高崎市中大類町58-2 9号館1階
連絡先 TEL:027-352-0080(直通)
FAX:027-352-7002(専用)
MAIL:uhw-kyosyoku@takasaki-u.ac.jp
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス