認定看護師教育課程【感染管理】

センター長挨拶

 このコロナ禍の状況において地域の皆様にとって高崎健康福祉大学看護実践開発センターがどのように役割を果たせるかを考えたときに、病院のみならず、地域との連携も含め活躍できる感染管理認定看護師教育課程の設置の方向になりました。B課程(特定行為を含む)立ち上げのポイントは実習施設の確保でしたが、多くの病院の協力を得る事が出来き、2022年4月より20名の定員にまで受け入れが可能となり、関係職種の方々には感謝申し上げます。
 本課程はどのような状況下においても開講できるカリキュラムとするために、主任教員、専任教員が工夫を凝らして作成しております。
 本課程がキャリア支援の一部となり、課程を修了した看護師の皆様が現場や地域において活躍できる事を期待しております。

教員挨拶

 私は、総合病院での感染管理室長10年の経験と群馬県感染症対策連絡協議会ICN分科会の設立に携わり支援してきた経緯から、2020年の初め新型コロナウイルス感染症流行に立ち向かうためには、次世代の育成が急務と直感しました。パンデミック宣言の2か月後、高崎健康福祉大学看護実践開発センターでは、新たに感染管理認定看護師教育課程B課程を開設することを決め、多くの皆様のご協力で2022年春に開講の運びとなりました。
 当課程の目的は、広い視点で集団をとらえ人々を感染症から守るため、感染症を予防する知識・技術の基本を学び実践できる感染管理認定看護師を育成することです。
 1年間のプログラムは、感染症対策の第一線で活躍する講師陣に依頼して、地域の病院で臨地実習をお引き受けいただき、病院のみならず高齢者施設や訪問看護ステーションの見学実習も取り入れました。
多くの方々が受講して下さることを心よりお待ちしております。これからの感染症対策にチャレンジしていきたい方、ぜひ共に学びましょう。

感染管理認定看護師教育課程 主任教員 安野朝子

 私たちの目には見えない微生物。その微生物の存在を感じ、微生物に対して対策を行うことで、感染症を減らすことができます。感染症が減ることで、患者や家族、自部署の職員、地域の人々等が感染症にならずに日常を過ごすことができます。医療を取り巻く環境では、感染管理はとても重要な要素の一つです。私自身は感染管理を実施することで、感染の発生を減らせることができ、サーベイランスを行うことで目に見える形で感染が減ったということが実感できるということに喜びや面白み感じ、感染管理の道を選びました。
 このコロナ禍において身近となった感染症について一年間一緒に学んでみませんか。病院、施設、地域などに羽ばたいていける認定看護師になれるよう、誠心誠意サポートしていきたいと思っています。

感染管理認定看護師教育課程 専任教員 井川沙希子

課程の概要

認定看護師教育課程の教育理念

高崎健康福祉大学看護実践開発センター認定看護師教育課程では、人間尊重と人間理解を基盤として、人の喜びを自分の喜びとする「自利利他」の精神のもと、専門分野において高度な専門知識を身につけ、所属施設はもとより、地域医療・地域包括ケアに貢献できる優れた実践能力を有する認定看護師を育成します。

教育目的

特定の看護分野において、高度な専門知識・技術を習得し熟練した看護を提供すると同時に看護職者のケア技術の向上に寄与し、人々の健康と福祉に貢献することのできる認定看護師を育成します。

感染管理分野の教育目的

1)感染管理分野において、個人、家族及び集団に対して、医療関連感染予防のための高度な管理力及び高い臨床推論力と病態判断力に基づき、熟練した看護技術及び知識を用いて水準の高い看護を実践できる能力を育成する。
2)感染管理分野において、看護実践を通して看護職に対し指導を行える能力を育成する。
3)感染管理分野において、看護職等に対しコンサルテーションを行える能力を育成する。
4)感染管理分野において、多職種と協働しチーム医療のキーパーソンとしての役割を果たせる能力を育成する。

年間スケジュール

年間予定
令和4年 4月2日(土)  開講式
4月~8月中旬       共通科目/特定行為研修区分別科目(講義・演習)
8月中旬~10月中旬    認定看護分野専門科目
10月下旬~12月初旬     演習・実習
12月中旬~2023年3月初旬 特定行為区分別科目(実習)

令和5年 3月   修了試験
3月25日(土)   閉講式
 ※都合により変更になることもあります。

課程の様子やお知らせ等をブログに掲載しています。
看護実践開発センターのページより
「ブログサイトはこちら」をクリックしてご覧ください。

カリキュラム

科目名
教科目名
みなし時間数*
共通科目
1. 臨床病態生理学
40
380
2. 臨床推論
45
3. 臨床推論:医療面接
15
4. フィジカルアセスメント:基礎
30
5. フィジカルアセスメント:応用
30
6. 臨床薬理学:薬物動態
15
7. 臨床薬理学:薬理作用
15
8. 臨床薬理学:薬物治療・管理
30
9. 疾病・臨床病態概論
40
10. 疾病・臨床病態概論:状況別
15
11. 医療安全学:医療倫理
15
12. 医療安全学:医療安全管理
15
13. チーム医療論(特定行為実践)
15
14. 特定行為実践
15
15. 指導
15
16. 相談
15
17. 看護管理
15
専門科目
認定看護分野
専門科目
1. 感染管理学
15
197
2. 疫学・統計学
30
3. 微生物学
32
4. 医療関連感染サーベイランス
45
5. 感染防止技術
30
6. 職業感染管理
15
7. 感染管理指導と相談
15
8. 洗浄・消毒・滅菌とファシリティ・マネジメント
15
特定行為研修
区分別科目
1. 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連
22
62※
2. 感染に係る薬剤投与関連
40
演習・実習
統合演習
15
175
臨地実習
160
合計時間数
814
*認定看護師教育基準カリキュラムでは45分を1時間とみなす「みなし時間」適用している。
※特定行為研修区分別科目の実習各5症例はこの時間に含まない。

募集要項

1.募集人員:20名
2.入学検定料: 50,000円(税込)
3.選考方法:書類審査、筆記試験、小論文、面接
4.出願要件:以下の要件をすべて満たしていることを条件とする。
 1)日本国の看護師免許を有すること。
 2)看護師の免許取得後、通算5年以上の実務経験を有すること。
 3)通算3年以上、感染管理に関わる活動実績(感染対策委員会、ICT、リンクナース会等)を有すること。
 4)感染予防・管理等において自身が実施したケア等の改善実績を1事例以上有すること。
 5)医療関連感染サーベイランス実施における一連の流れを理解していることが望ましい。
 6)現在、医療施設等において、専任または兼任として感染管理に関わる活動に携わっていることが望ましい。
 7)所属長(看護部長あるいは同等職位の所属長)の推薦を有すること。
 8)今後、特定行為を含めた認定看護師として実践し、看護の発展と社会貢献に意欲があること。

入試日程

出願受付期間
(必着)
2021年12月9日(水) ~ 2022年1月7日(金)
選考試験2022年1月22日(土)
合格発表日 2022年2月9日(水)
入学手続期間
(必着)
入学金納入 2022年2月21日(月) ~ 2022年3月7日(月)
書類提出 2022年2月21日(月) ~ 3月7日(月)

納付金

入学金 100,000円(入学手続時の納入)
受講料 950,000円
教材費 50,000円

*教育期間中の教材費、書籍代、交通費、宿泊費、通学・実習に関わる交通費・宿泊費及び資料代、研修に係る保険加入費等は全て自己負担となります。

詳細は募集要項で必ずご確認ください。 ここで掲載している内容と募集要項で差異があった場合、募集要項の記述が優先されます。

募集要項

2021 募集要項
(PDF)

※令和3年10月6日に更新しました。

出願様式

様式1~11
(PDF)
(Word)
別表 出願書類の記入にあたって
(PDF)

連絡先

高崎健康福祉大学 看護実践開発センター 認定看護師教育課程教務室
〒370-0033 群馬県高崎市中大類町501
電話 027-352-1291(代) FAX 027-352-1985(代)
E-Mail:nintei-kn@takasaki-u.ac.jp

大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 看護学科
保健医療学部 理学療法学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
農学研究科
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職実績
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
高校生論文コンテスト
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス