総合型選抜について

入学者選抜実施概要

詳細は募集要項で必ずご確認ください。

ここで掲載している内容と募集要項とで差異があった場合、募集要項の記述が優先されます。

2020年度 高崎健康福祉大学 入学者選抜 概要

区分別入学者選抜概要

総合型選抜

募集人員

学部・学科
定員
募集人員
健康福祉学部
医療情報学科
70 5
社会福祉学科
60 5
健康栄養学科
80 3
薬学部
薬学科
90 3
保健医療学部
看護学科
100 3
理学療法学科
40 2
人間発達学部
子ども教育学科
80 3
農学部
生物生産学科
100 10

総合型選抜日程

エントリー期間(消印有効) 9.1(火)~9.15(火)
出願資格事前審査 9.25(金)
出願許可発表日 10.7(水)
出願受付期間(消印有効) 10.7(水)~10.16(金)
合格発表日 11.2(月)
入学手続締切日(消印有効) 11.12(木)

総合型選抜の流れ

学科別提出書類

(必要学科のみ)

健康福祉学部
医療情報学科
SNS(ツイッター、フェイスブック、LINE等)の功罪について、あなたの考えを述べなさい。
薬学部
薬学科
在宅医療における薬剤師の役割について、あなたの意見を述べなさい。

※小論文800字以内

※本学所定の用紙(様式2)を使用してください。

出願資格事前審査の選考方法と評価のポイント

以下の審査及び学科別提出書類を総合判定し、出願許可者を決定します。

【審査日】 令和2年9月25日(金)

【時 間】 会場入室/9:00~9:40  受験上の注意/9:40~9:50

学科
審査方法
学科別提出書類
審査開始
医療情報学科

個人面接(30分・小論文に関するプレゼンテーションを含む)

書類審査

小論文(800字以内) 10:00~
社会福祉学科

小論文:800字以内(60分)

個人面接(30分)

書類審査

健康栄養学科

個人面接(20分程度、口頭試問含む)

書類審査

薬学科

課題作成(50分)

個人面接(30分・小論文に関する質問を含む面接)

書類審査

小論文(800字以内)
看護学科

集団討論(60分)

個人面接(15分)

書類審査

理学療法学科

集団討論(50分)

個人面接(15分)

書類審査

子ども教育学科

小論文:600字以内(30分)

集団討論(35分)

個人面接(20分、プレゼンテーションを含む)

書類審査

生物生産学科

小論文:400字以内(30分)

個人面接(20分)

書類審査

※討論と面接の時間は目安であり、当日の状況で時間及び実施方法が変わる場合もあります。

※集団討論について

看護学科、理学療法学科:エントリー者が3名以下の場合は集団面接となります。

子ども教育学科:エントリー者が3名以下の場合は集団討論を実施しません。

学科
評価のポイント(以下の項目について総合的に評価します)
医療情報学科

①自分自身の意見・提案を論理立てて述べることができるか。

②健康・医療または情報技術への関心・探求心を持っているか。

③創造的に物事を考えることができるか。

④積極的に人と交わるコミュニケーション能力を持っているか。

社会福祉学科

①学習に対する意欲や積極性を具体的な経験から示すことができるか。

②福祉分野への興味関心を高等学校までの経験や実績から示すことができるか。

③確かな自己分析を踏まえた上での将来像を表現できるか。

④対人援助にかかわるための基礎的なコミュニケーション能力が備わっているか。

⑤福祉領域に必要な博愛心や共感性を有しているか。

健康栄養学科

①高等学校等において理科(化学基礎または生物基礎)・数学(数学IまたはA)

・国語を履修し(さらに化学あるいは生物等も履修していることが望ましい)、基礎学力を十分そなえているか。

②管理栄養士として活躍できるためのコミュニケーション能力、問題解決能力、目標に向かう姿勢や向上心等を備えているか。

薬学科

①小論文および面接では、積極性、論理的思考、協調性、創造性、倫理観等

②課題作成では、審査当日に提示したテーマに対するグラフ作成、考察等

看護学科

①論理的思考力(自己の経験や実績から自身の学びを客観的、論理的に示すことができるか)

②協調性及び表現力(自分の考えを他者にわかりやすく表現したり、他者と協働して学修に取り組んだりすることができるか)

③看護への志向性(医療および社会貢献への関心が高く、思いやりと責任感を持ち、看護に携わる者としての意欲があるか)

理学療法学科

①理学療法士になる意欲があるか。

②社会情勢および医療や保健、福祉への関心があるか。

③文章や図表を読み取り、論理的に記述および口頭で説明できるか。

④他者を尊重しながら、集団の中で協調的に自己表現できるか。

⑤幅広い興味、関心や主体的に物事に取り組めるか。

子ども教育学科

①保育・教育への志向性(保育・教育に関心を持ち、保育者・教育者を目指す強い意志を持っているか)

②理解力・論理性(テーマや他者の意見を理解し、課題や質問に的確に答えているか)

③自主性・積極性(幅広い関心と問題意識を持ち、試行錯誤して最後まで粘り強く取り組もうとしているか)

④表現力(自分の意見を他者に伝わりやすい言葉を使って、具体的にわかりやすく表現しているか)

⑤協調性(協力的な姿勢で、他者と積極的にコミュニケーションをとろうとしているか)

生物生産学科

①農や食に強く興味を持ち、将来にわたってこれらの分野で活躍することに意欲を持っているか。

②農学を学ぶ上で基盤となる科学の基礎知識(理科や数学)を身につけ、それらを基に物事を筋道立てて説明したり、根拠に基づいた自分の意見を表明したりできるか。

③高等学校在学中に高い学習意欲を持ちながら積極的に生徒会活動や部活動に取り組みリーダーシップを発揮したか、あるいはボランティア活動に積極的に取り組んだか。

ダウンロード項目

※各種書式の用紙サイズはA4で統一してください。

※「エントリー用封筒表紙」は、カラーで印刷してください。 カラー印刷できない場合は、上部の横線部分を、赤線で囲んでください。

総合型・学校推薦型選抜合格者対象特待生選抜試験について ≪Web出願≫

・ 総合型選抜、学校推薦型選抜に合格し入学手続を完了した者は、入学の権利を保持したまま最大で卒業までの授業料が全額免除となる特待生制度に挑戦することが可能です。この試験は一般選抜A日程と同様の科目試験の成績により特待生を選抜する試験です。出願を希望する者は、出願手数料20,000円の納入とWeb出願登録、及び出願書類の提出が必要となります。(詳細は以下に記載します)

※入学手続を完了した学科と異なる学科に出願することはできません。なお、特待生に採用されなかった場合でも、入学手続を完了した学科の入学を辞退することはできませんのでご注意ください。また、学校推薦型選抜で特待生(A特待・B特待)に決定している者も受験可能です。

特待生については、以下のとおり授業料を免除します。

SS特待・・・卒業までの授業料全額を免除します。

S特待・・・ 卒業までの授業料2分の1を免除します。

A特待・・・ 1年次の授業料全額を免除します。

B特待・・・ 1年次の授業料2分の1を免除します。

【実施日】

・令和3年1月31日(日)・2月1日(月)の両日に実施します。

・両日選択しても2万円の出願手数料で受験することができます。

・都合の良い日を選んで一日受験もしくは両日とも受験することができます。

・両日受験する場合は、高得点の試験日の点数を採用して選抜します。

【会場】

本学及び地方会場(札幌・仙台・水戸・宇都宮・さいたま・東京・新潟・長野・松本)

ただし、地方会場の収容人数を超過した場合は、ご希望に添えないことがあります。

【選抜方法・選抜科目】

一般選抜A日程と同様の科目試験において高得点を収めた方を採用します。

採用人数は一般選抜A日程を受験し成績上位で合格した方を含め、58名程度です。

試験科目についてはこちら

学部入試
入学者選抜実施概要
総合型選抜について
大学について
大学について
大学についてTOP
大学概要
教育・研究プロジェクト
採用情報
個人情報保護への取り組み
公表情報
シラバス
大学評価・自己点検評価
学部・学科
学部・学科
学部・学科TOP
農学部 生物生産学科
人間発達学部 子ども教育学科
健康福祉学部 社会福祉学科
健康福祉学部 医療情報学科
健康福祉学部 健康栄養学科
保健医療学部 理学療法学科
保健医療学部 看護学科
薬学部 薬学科
大学院
大学院
大学院TOP
健康福祉学研究科
保健医療学研究科
薬学研究科
キャンパスライフ
キャンパスライフ
キャンパスライフTOP
年間行事予定
クラブ・サークル
学生寮・アパートについて
奨学金・学生支援について
学友会
大学祭
図書館
入試案内
入試案内
入試案内TOP
入試イベント一覧
学部
大学院
就職・キャリア
就職・キャリア
就職・キャリアTOP
就職データ
企業・採用担当の皆様
地域・研究活動
地域・研究活動
地域・研究活動TOP
公開講座
玉村町連携協力プロジェクト
高大連携
ボランティア・市民活動支援センター
子ども・家族支援センター
教職支援センター
看護実践開発センター
研究活動
国際交流
国際交流
国際交流TOP
海外の協定相手校・施設
海外提携校との研修・交流
学生の誌面
留学生向け入試案内
資料請求 資料請求 オープンキャンパス オープン
キャンパス