篠原智行



2017年まで高崎市内の総合病院に勤務し、脳卒中や運動器疾患、内部障害の方の理学療法を行いながら、職員の教育や管理に従事してきました。最近では理学療法士として、地域住民の方とご一緒する機会が増えてきました。

理学療法は知識や技術、思考において、ナゼ?が尽きません。何気ない”?”を大切にできる教育や学術活動を行っていきたいと考えております。

 

 

 

【略歴】
≪職歴≫
 2001年4月~ 日高病院 理学療法士
 2007年4月~ 高崎市医師会看護専門学校看護学科 非常勤講師(~2008年3月)
 2008年4月~ 日高リハビリテーション病院 理学療法士(主任)
 2009年4月~ 前橋工科大学システム生体工学科 非常勤講師(~2010年3月)
 2010年4月~ エムダブルエス日高 理学療法士(非常勤)(~2016年4月)
 2011年4月~ 日高病院 理学療法士(主任)
        (2013年3月~室長、2016年3月~副部長)
 2015年4月~現在 群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻 非常勤講師
 2017年4月~現在 本多病院・介護老人保健施設うららく 理学療法士(非常勤)
 2017年4月~現在 高崎健康福祉大学保健医療学部理学療法学科 講師

≪学歴≫
 2001年3月 群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻 卒業
 2008年3月 群馬大学医学系研究科保健学専攻 博士前期課程修了
 2013年9月 群馬大学医学系研究科保健学専攻 博士後期課程修了

【学位】
 博士(保健学) : 群馬大学

【資格】
 理学療法士
 専門理学療法士(基礎理学療法)
 専門理学療法士(神経)
 専門理学療法士(運動器)
 介護予防推進リーダー
 地域包括ケア推進リーダー
 協会指定管理者(上級)

【専門分野】
 基礎理学療法、神経系理学療法

【主な担当科目】
 介護予防理学療法、生活環境支援学・同実習 、日常生活活動学・同演習、理学療法セミナー2・4 

【所属学会】
 日本理学療法士協会
  日本基礎理学療法学会 日本神経理学療法学会 日本心血管理学療法学会
  日本地域理学療法学会 日本予防理学療法学会 日本理学療法教育学会
  学校保健・特別支援教育理学療法部門 理学療法管理部門
 理学療法科学学会

【研究業績】
≪研究論文≫ 直近5年
・ 篠原智行,齊田高介,他;地域高齢者におけるBrief-Balance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクション特性の検証.理学療法科学.in press.
・ 篠原智行,後閑浩之,他:On the Job Trainingの教育ツールとして我々が開発した職員達成度評価の内的整合性と因子構造の検証ー指導者の指導助言のもと治療が行えるジョブグレードについてー.理学療法科学.2018;33(2):331-336.
・ Shinohara T, Tsuchida N, et al.: Can blood pressure be measured during exercise with an automated sphygmomanometer based on an oscillometric method? J Phys Ther Sci.2017; 29(6): 1006-1009.
・ 宮田一弘,篠原智行,臼田滋:脳卒中者におけるBalance Evaluation Systems Test(BESTest) のセクションの歩行能力との関連性.理学療法学.2017;44(3):190-196.
・ 谷藤翼,篠原智行,他:非特異性間質性肺炎に対する呼吸理学療法が有効であった症例.理学療法群馬.2015;26:21-27.
・ 篠原智行,平木優,他:Balance Evaluation Systems Testを用いたバランス構造の検証.理学療法群馬.2015;26:12-17.
・ 大谷知浩,篠原智行,他:大腿骨頚部骨折患者における床での立ち座り練習が転倒自己効力感や身体能力に与える影響.PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル.2014;3(7):A2.
・ 宮田一弘,篠原智行,他:Balance Evaluation Systems Test(BESTest)における転倒予測cut off値の検討.PT-OT-STチャンネルオンラインジャーナル.2013;2(6):A4.
・ Shinohara T, Usuda S: Are Contents of Physical Therapy in Nine Japanese Hospitals for Inpatients with Stroke Related to Inpatients’ and Physical Therapists’ characteristics? J Phys Ther Sci.2013; 25(5): 641-647.
・ 原田大樹,関香那子,篠原智行:二関節筋優位の動作パターンに着目し、介入を行った脛骨・腓骨骨折の一症例.理学療法群馬.2013;24:36-42.
・ 齊田高介,篠原智行,他:足部からの介入がバランス改善に寄与した一症例.理学療法群馬.2012;23:51-55.
・ 宮田一弘,篠原智行:バランス障害に対してBalance Evaluation Systems Test(BESTest)を用いた理学療法介入の有効性 小脳梗塞一症例における検討.理学療法群馬.2012;23:32-37.
・ 新井優,篠原智行,他:回復期リハビリテーション病棟を退院した患者の自宅退院に影響を及ぼす因子の検討 地域の特徴に着目して.理学療法群馬.2012;23:15-21.

≪書籍≫
・ 篠原智行:脳卒中に対する標準的理学療法介入第2版,上肢機能に対するアプローチ.潮見泰藏(編),東京,2017,pp.185-197.(分担執筆)
・ 篠原智行:脳卒中に対する課題指向型トレーニング,上肢機能のトレーニング.潮見泰藏(編),東京,2015,pp.144-154.(分担執筆)

≪依頼原稿≫
・ 篠原智行,後閑浩之:脳卒中の上肢機能障害に対する課題指向型アプローチ.理学療法.2010;27(12):1398-1406.

≪学会発表≫ 直近5年,筆頭演者
・ 篠原智行,齊田高介,他:地域在住高齢者におけるサルコペニアは転倒およびバランス機能に関係するか.平成29年度群馬県地域保健研究発表会,2018.
・ 篠原智行,山根達也,土田奈生子:入院中に日常生活動作が低下する理由は?~ADL維持向上等体制加算算定病棟における調査報告~.第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会,2017.
・ 篠原智行,土田奈生子,他:クリニカルクラークシップは臨床実習の指導方法として有用か.第52回日本理学療法学術大会,2017.
・ 篠原智行,山根達也,土田奈生子:偽腔開存型のStanford A型急性大動脈解離を発症後,保存的治療を行った症例に対するリハビリテーションの一考察.第52回日本理学療法学術大会,2017.
・ 篠原智行,外山晴菜,他:急性期病棟入院中のリハビリテーション介入量はFIM改善度に影響するのか?第24回群馬県理学療法士学会,2016.
・ 篠原智行,山田英美,他:ADL維持向上等体制加算の有効性の検証~入院患者の重症化と日常生活動作の維持状況~.第53回日本リハビリテーション医学会学術集会,2016.
・ 篠原智行,山田英美,他:入院中の日常生活動作能力低下を予防するために、対象者をどのようにスクリーニングするべきか?~ADL維持向上等体制加算算定病棟における、ADL低下患者の背景の分析.第51回日本理学療法学術大会,2016.
・ 篠原智行:当院における急性期リハビリテーションの対象者とその効果の変遷.第23回群馬県理学療法士学会,2015.
・ 篠原智行:電子血圧計による運動中の血圧測定は可能か?第34回関東甲信越ブロック理学療法士学会,2015.
・ 篠原智行,一場香苗,他:背景の異なる腓骨神経麻痺を呈した2症例.第21回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,2015.
・ 篠原智行,後閑浩之,他:ジョブグレード評価を構成する因子の検証と評価用紙の簡便化の試み.第50回日本理学療法学術大会,2015.
・ 篠原智行,関香那子,土田奈生子:内部障害の疾患別にみた急性期リハビリテーションのOutcomeの比較.第33回関東甲信越ブロック理学療法士学会,2014.
・ 篠原智行,飯塚優子,他:僧房弁閉鎖不全症に対する遠隔期再手術後のリハビリテーションに関する一考察.第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,2014.
・ 篠原智行:上腕動脈血流速度を促進させる有効な手指掌握運動の反復回数は何回か?第49回日本理学療法学術大会,2014.
・ 篠原智行,関香那子,他:廃用症候群に対するリハビリテーションの費用対効果と意欲との関連性について.第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会,2013.
・ 篠原智行,竹内伸行,他:理学療法士が影響を受けている治療概念が脳卒中者の理学療法介入内容に及ぼす影響.第48回日本理学療法学術大会,2013.
・ Shinohara T, Yu Arai, et al.: Intertester reliability of balance evaliation systems test and investigation of balance structure by using 6balance control systems. JAPAN-KOREA 1st JOINT CONFERENCE, 2012.

【講演】 直近5年
・ 地域ケア会議に求められる理学療法士の役割.群馬県理学療法士協会 地域包括ケア推進リーダー導入研修会,2017-2018
・ 臨床実習指導の具体的な方法.第12回臨床実習教育講習会,2016.
・ 知をつなぐ技術を考える.第24回群馬県理学療法士学会,2016.
・ 介護予防サポーターフォローアップ研修.高崎市,2016.
・ 脳卒中患者に対する課題指向型トレーニングの理論と実際 上肢機能に対するトレーニング.理学療法科学会,2014.
・ 機能的電気刺激の臨床応用への可能性.第11回群馬神経系理学療法研究会,2014.
・ 上級介護予防サポーター養成研修.高崎市,2013.
・ 施設におけるリハビリテーション.群馬県理学療法士協会 理学療法士派遣事業,2012.
・ 臨床実習指導者の体験からの提言.群馬県理学療法士協会 第8回臨床実習教育講習会,2012.

【賞罰】
・ 第23回群馬県理学療法士学会 学会奨励賞,2015.

【その他の活動】
・ Disability and Rehabilitation Peer Reviewer(2017年~現在)
・ 第38回関東甲信越ブロック理学療法士学会 学術局長(2017年科~現在)
・ 群馬県理学療法士協会・作業療法士会・言語聴覚士会 連絡協議会介護予防部
 (2015年~現在)
・ 群馬県理学療法士協会 学術誌部部長(2012年~現在)
・ 高崎市介護認定審査会 審査委員(2011年~現在)
・ 群馬県神経系理学療法研究会 幹事(2010年~現在)
・ 群馬県理学療法士協会 公益事業推進部災害ボランティア(2011年)
・ 群馬県理学療法士協会 研修部(2009年~2013年)
・ 第28回関東甲信越ブロック理学療法士学会 財務部長(2009年)

【競争的資金等】
・ 公益財団法人群馬健康医学振興会 平成30年度群馬健康医学振興会研究助成金
・ 公益財団法人群馬県健康づくり財団 平成29年度健康づくり研究助成「あさを賞」

   E-mail
    shinohara-t # takasaki-u.ac.jp
      (#を@に変換して下さい)