冨田洋介 (Yosuke Tomita)

40404150_279899479275703_8682823760971038720_n
 
  • 理学療法士免許取得後、群馬県内の病院で脳卒中、脊髄疾患を有する方々へのリハビリテーションに携わっていました。
  • また2013年から2017年までの約4年間、カナダのMcGill大学に留学し、博士号を取得しました。世界中から集まる研究者たちと過ごした経験を今後の研究・教育・臨床で活かしたいと思います。
  • これまで、運動制御理論に関する基礎研究や、健常者、脳卒中患者、脊髄疾患患者やアスリー トにおける運動の協調性に関する研究を行ってきました。これらのテーマについて動作解析装置等を用いて運動学・運動力学的にアプローチしています。
  • 日本のリハビリテーションは世界に誇れる点が多くあります。基礎研究と同時に、現場で当たり前に行われていることを科学的に検証することでリハビリテーション科学が発展すると考えています。
  • 学生さんや現場で働く方々と共に学んでいきたいと思います。

 

【学位】

博士 (Rehabilitation science): McGill 大学

【職歴】

2018年    高崎健康福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 助教

2017年    高崎健康福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 助手

2014年 - 2016年    McGill 大学 Teaching Assistant

2010年 - 2013年  榛名荘病院 リハビリテーション部

【学歴】

2013年 - 2017 年  McGill大学 大学院 博士課程 (PhD in Rehabilitation Science)

2010年 - 2012 年 群馬大学 大学院 医学系研究科 保健学専攻 博士前期課程

2006年 - 2010 年 群馬大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻

【その他活動】

論文査読者: Journal of Biomechanics, Motor Control, Journal of Neuroengineering and Rehabilitation, 他

【賞罰】

2018年 優秀賞 日本顎口腔機能学会第60回学術大会

2015年 Best Presentation Award, 10th Progress in Motor Control Conference, Budapest, Hungary

【専門分野】

ニューロリハビリテーション、運動制御、バイオメカニクス

【所属学会】

日本理学療法士協会、北米神経科学学会、日本神経科学学会

【論文】(筆頭著者): Published articles

Tomita Y, Mullick AA, Levin MF. Reduced kinematic redundancy and motor equivalence during whole-body reaching in individuals with chronic stroke. Neurorehabil Neural Repair. 2018; 32(2) 175-186. アブストラクトはこちら(Click here to access the abstract)

Tomita Y, Rodrigues MR, Levin MF. Upper limb coordination in individuals with stroke: poorly defined and poorly quantified. Neurorehabil Neural Repair. 2017; 885-997.  アブストラクトはこちら(Click here to access the abstract)

Tomita Y, Feldman AG, Levin MF. Referent control and motor equivalence of reaching from standing. J Neurophysiol. 2017; 117(1) :303-315. アブストラクトはこちら(Click here to access the abstract)

Tomita Y, Usuda S. Temporal motor coordination in the ankle joint following upper motor neuron lesions. J Phys Ther Sci. 2013; 25(5) :539-544. アブストラクトはこちら(Click here to access the abstract)

【学会発表】(筆頭演者): Conference presentations

2018年 第26回群馬理学療法士学会, 榛名文化会館エコール. Title: 脳卒中回復期における上肢リーチ機能の改善は患者満足度に寄与するか?

2018年 第55回日本リハビリテーション医学会, 福岡国際会議場. Title: 脳卒中患者の立位リーチ動作における運動等価性.

2018年 日本顎口腔機能学会 第60回学術大会, 鶴見大学. Title: 不良姿勢、噛みしめ癖と肩こりの関連性の検討. 

2016年 World Congress of Neurorehabilitation, Philadelphia, USA. Title: Movement adaptability during reaching from standing in individuals with stroke.

2015年 American Society of Neurorehabilitation conference & 45th Society for Neuroscience Annual Meeting, Chicago, USA. Title: Motor equivalence during whole body reaching in healthy young adults.

2015年 38th Annual Meeting of the Japan Neuroscience society, Kobe, Japan. Title:  Referent configuration of whole body reaching.

2015年 10th Progress in Motor Control Conference, Budapest, Hungary. Title: Referent control of reaching from standing: Hand trajectory remains invariant despite the number of body segments involved in the task.

2014年 International Society for Posture and Gait Research World Congress, Vancouver, Canada. Title: Motor equivalency during reaching in healthy people.

2014年 36th Groupe de Recherche sur le Système Nerveux Central Symposium, Montreal, Canada. Title: Adaptation to additional degrees of freedom during reaching in healthy people.

2014年 16th Research Colloquium, Montreal, Canada. Title: Adaptation to perturbation during reaching in healthy people. 

【連絡先】

〒370-0033 群馬県高崎市中大類町501

Email : tomita-y@takasaki-u.ac.jp

TEL:027-352-1291

FAX:027-352-1985

【Contacts】

501, Nakaorui-machi, Takasaki-shi, GUNMA, 370-0033, JAPAN

Email : tomita-y@takasaki-u.ac.jp

TEL:+81-27-352-1291

FAX:+81-27-352-1985

【トピックス】

2018.09.03 【その他】POSTのインタビューを受けましたリンクはこちら

2018.04.23 【学術活動】日本顎口腔機能学会 第60回学術大会で口述発表し、優秀賞を受賞しました

2018.01.22 【学術活動】国際誌へ投稿中の論文がアクセプトされました

タイトル:Reduced kinematic redundancy and motor equivalence during whole-body reaching in individuals with chronic stroke.

概要:立位でのリーチ動作中の運動の等価性を脳卒中患者と健常者で比較した内容です。脳卒中群のうち、代償動作に依存した者では、運動の適応性が低下していることが明らかになりました。

2017.10.05 【学術活動】国際誌へ投稿中の論文がアクセプトされました

タイトル:Upper limb coordination in individuals with stroke: poorly defined and poorly quantified.

概要:運動制御研究および臨床で用いられている、リーチ動作における協調性の評価をレビューし、リーチ動作における協調性の定義を提言した内容です。

2017.08.01 【学術活動】McGill大学での論文審査を終了しました