浅香満

約30年間理学療法士として、主に臨床に関わってきました。大学病院での、切断者や呼吸器疾患の急性期理学療法を学び、地域支援病院での地域リハビリシステムの構築や群馬県内における呼吸理学療法の普及に関わらせていただきました。また、群馬県理学療法士会の理事・副会長・会長として長年にわたり活動をさせていただきました。理学療法というすばらしい職業を次世代を担う人達に少しでも多く伝えたいと思います。

当学科の理念は『学生本意の教育』です。高い臨床実践能力と、協調性や誠実性などの高い倫理観を持った人材を育成するために、教職員が連携を持った『チーム教育』を実践したいと思います。科目間の関連性や進行状況・学生の状態など、情報を常に共有しながら教育に当たりたいと思います。基礎知識と専門知識の融合を図り、納得した理解ができる教育展開を行います。理学療法を楽しく、前向きに学べるよう学生を支援したいと考えております。

(略歴)
1952年 多野郡上野村生まれ
1974年 社会医学技術学院卒業
      帝京大学医学部附属病院リハビリテーション室勤務
1984年 社会医学技術学院 講師
1985年 多野総合病院(現公立藤岡総合病院 リハビリテーション室勤務)
1988年 群馬大学医療技術短期大学 理学療法学科 非常勤講師
2003年 前橋医療福祉専門学校 理学療法学科 非常勤講師
2004年 群馬大学医学部保健学科 臨床教授
      高崎健康福祉大学 短期大学部看護学科 非常勤講師
2009年 高崎健康福祉大学 勤務

(資格)
1974年 理学療法士
1998年 呼吸療法認定士
2007年 認定理学療法士(呼吸)

(所属学会)
      日本理学療法士会
      日本呼吸ケア・リハビリ学会
      日本医療福祉連携教育学会
(役職等)
      前群馬県理学療法士協会会長
      群馬県理学療法士協会相談役
      群馬県理学療法士連盟会長
      群馬県呼吸リハビリテーション研究会 事務局長
      群馬県呼吸療法認定士会 副会長
      多野藤岡地域リハビリ研究会 幹事  等
(賞罰)
2008年 群馬県知事表彰

(担当科目)
      リハビリテーション概論 (1年前期)
      理学療法概論    (1年前期)
      チーム医療論(1年前期)
      解剖学実習     (1年後期)
      内部障害系理学療法 (2年後期・3年後期)
      義肢装具学     (3年前・後期)
      理学療法技術実習(3年前期)

(著書)
  ①成人大腿切断者の治療プログラム    日本義肢装具研究会会報(No、27)
   ②介護保険に必要なリハビリテーションの知識 群馬県医師会報614号
  ③苦痛を取り除くための排痰テクニック    高齢者リハ・ケア実践 Vol、4 No、4
   ④包括的呼吸リハビリテーション 新興医学出版社

(学会活動等)
   ①両側横隔膜麻痺の理学療法     第16回日本理学療法士学会
   ②在宅介護を考える       平成2年群馬県社会福祉大会
   ③呼吸器の理学療法      群馬県理学療法士会テーマ別研修会
   ④外科術前後の肺理学療法に対する職員の意識   第1回日本肺理学療法研究会
   ⑤脳血管障害患者における肺理学療法の必要性   第3回群馬県理学療法士学会
   ⑥当院における早期義肢装着法の紹介     第3回群馬県理学療法士学会
   ⑦群馬県における特養サービス評価事業   第30回日本理学療法士学会
   ⑧群馬県における特養理学療法士派遣事業について  第18回全国地域リハビリ研究会