田中聡一

SatoshiKao

 医療は人と人とがかかわる分野であり、人間性が問われるので、大学では魅力ある学生になるような生活をおくってもらいたいと思っています。また、将来医療専門者となる学生として、しっかりとした医学知識を学び、将来自分が携わる専門者になるためのベースにしてもらいたいと思います。この勉強をしっかり身につけた者とそうでない者には将来大きな差が出るのは間違えありません。人間的に成長し、患者さんにとっても仲間にとっても信頼される専門者になれるよう、一緒に学んでいきましょう。

 

  研究室はこちら

 

【学位】
  医学博士(MD、PhD)群馬大学大学院医学研究科

【学歴】
  1991年 群馬大学医学部卒業 
  2000年 群馬大学大学院医学研究科博士課程修了 

【職歴】
  1991年 群馬大学医学部神経内科
        (リハビリテーション医学研究施設物理医学部門) 
  1995年 群馬大学医学部神経内科助手 
  2000年 群馬大学医学部神経薬理学(行動分析学)助手・学内講師
  2003年 公立七日市病院神経内科、リハビリテーション科主任医長
         併任;前橋医療福祉専門学校理学・作業療法学科非常勤講師
  2006年 東京福祉大学大学院社会福祉学部教授
  2010年 高崎健康福祉大学保健医療学部理学療法学科教授
        併任;同大学院 保健医療学研究科看護学専攻 教授
            同大学院 保健医療学研究科理学療法学専攻 教授

【担当科目】
(大学)
  臨床医学、神経内科学、 老年医学、救急処置

(大学院)
  研究倫理と理学療法学研究法、チーム医療アプローチ演習、病態生理学特論、
  障害予防学特論、自立生活支援学特論、
  地域リハマネジメント特論、地域理学療法学特論

(認定看護師教育課程;認知症看護)
  認知症基礎病態論、認知症病態論、臨床推論
 

【所属学会】
  ・日本リハビリテーション医学会
  ・日本神経学会
  ・日本内科学会
  ・日本認知症学会
  ・日本医療福祉学会
  ・日本保健医療学会
  ・日本未病研究学会
  ・日本ビジネス・マネジメント学会
  ・日本経営実務研究学会
  ・日本リスク管理学会
  ・北関東医学会

【資格・免許学位】
  ・医師
  ・日本神経学会専門医、指導医
  ・日本認知症学会専門医、指導医
  ・日本内科学会認定医
  ・医療ビジネスコンサルタント(全能連 MBC特種)
  ・リスク管理専門員
  ・身体障害者福祉法指定医(第15条第1項)
  ・難病指定医(第6条第1項)
  ・難病支援ドクター

【研究領域】
  ・地域リハビリテーション
  ・健康増進、介護予防
  ・院内デイケア
  ・チーム医療
  ・リハビリテーション医学
  ・パーキンソン病の薬物療法とリハビリテーション
  ・認知症とリハビリテーション
  ・神経系疾患とリハビリテーションとケア
  ・神経系発作性疾患
  ・医療、病院管理

【社会活動】
  ・日本保健医療学会(理事長)
  ・日本未病研究学会(理事長)
  ・日本医療福祉学会(副代表、専務理事)
  ・日本リスク管理学会(理事)
  ・医療ビジネス関連学会協議会(首席理事、学術委員)
  ・リスク管理専門員認定審査委員

【最近の講演】
  ・21世紀の医療・保健・福祉・介護(学会特別講演)
  ・これからの保健医療(学会特別講演)
  ・認知症とは(シンポジウム招待講演)
  ・認知症患者の病棟管理(運動機能低下予防、認知症行動心理症状・精神症状対応、
   病職員のモチベーション維持と負担軽減および費用対効果(学会特別講演)
  ・認知症と街づくり(学会特別講演)
  ・認知症の予防とリハビリテーション
  ・認知症行動心理症状と精神症状への関わり
  ・パーキンソン病の症状、診断、治療
  ・パーキンソン病のリハビリテーション
  ・筋萎縮性硬化症特有のケア、特有のリハビリテーション、社会支援、在宅支援
  ・多発性硬化症とは、診断、治療、リハビリテーション
  ・てんかんとは、薬物療法、救急時対処方法
  ・てんかんと将来の生活
  ・脳血管障害とその予防、リハビリテーション
  ・見逃しやすい神経疾患
  ・小児保健、小児栄養
  ・高齢者のサルコペニアとフレイル
  ・入院患者、病職員のための院内デイケアおよびリハビリテーションの有用性
  ・身体拘束に関する知見
  ・内部障害、生活習慣病の基本
  ・新しい救急処置
  ・熱中症の基本
  ・睡眠のメカニズム、寝る工夫

【受賞歴】
  ・全能連顕彰牌
  ・日本保健医療学会総合賞
  ・日本医療福祉学会総合賞

【競争的資金】
  ・看護とリハ職チーム医療の入院患者ADL・認知症予防、職員負担軽減立証と費用対
   効果;科学研究費基盤研究(C)(研究代表)
  ・看護リハ職チーム生活支援による入院患者生活動作、認知症、業務負担、医療安全の
   研究;科学研究費基盤研究(C)(研究代表)
  ・急性期入院患者の活動的生活支援による認知症・動作能力と看護業務負担に関する
   研究;科学研究費基盤研究(C)(研究代表)
  ・ドレブリンファミリーを介したシグナル伝達によるシナプスアクチン再構築制御;
   科学研究費基盤研究(B)(研究分担)
  ・樹状突起スパイン内細胞骨格再編成の分子基盤とその制御機構;
   科学研究費特定領域研究(研究分担)
  ・乏突起細胞を特異的に認識するモノクロナール抗体を用いた検討;
   科学研究費基盤研究(C)(研究分担)
  ・神経細胞樹状突起の形態を調節する分子メカニズム;
   科学研究費基盤研究(B)(研究分担)

【産業財産権】
  ・ドレブリンA発現抑制作用を有するアンチセンス オリゴヌクレオチド(特許第4568463号)
  



 J-GLOBAL

 

  • 田中聡一. 「院内デイ」の広がりと期待される効果. Nursing Business. 2018. 12. 5. 440‐444
  • 田中聡一,大澤幸枝. 院内デイによる入院患者の健康とスタッフ負担に関する研究 ―院内デイ導入前後の比較解析―. 日本保健医療学会学術報告論文集. 2018. 11. 7-10
  • 田中聡一. 日本で開発された抗パーキンソン病治療薬「ゾニサミド」と「イストラデフィリン」の運動、精神、介護に対する効果 -患者さんの声を用いた解析-. 日本保健医療学会学術報告論文集. 2017. 10. 13-18
  • 大澤幸枝, 田中聡一. 入院患者に対する院内デイケア体制継続に重要な要素のカテゴリ化による内容分析. 医療福祉研究. 2016. 10. 17‐28-28
  • 大澤幸枝, 田中聡一. 「院内デイケア」体制継続において重要な要素の考察―自由記述式アンケート調査の分析―. 日本医療福祉学会全国学術大会学術報告論文集. 2015. 2015. 17-20
  • 大澤 幸枝, 齋田 綾子, 田中 聡一. 入院患者の認知症周辺症状に対する看護師の負担に関する研究 院内デイケアの効果検証. 日本医療福祉学会全国学術大会学術報告論文集. 2013. 2013年度. 77-87
  • 齊田綾子, 大澤幸枝, 櫻井智, 田中聡一. 入院患者の機能的自立度に対する院内デイケア効果の量的解析~リハビリに院内デイケアを併用すると有意に機能的自立度が向上する~. 日本老年看護学会学術集会抄録集. 2012. 17th. 234
  • MAKI Yohko, URA Chiaki, YAMAGUCHI Tomoharu, MURAI Tatsuhiko, ISAHAI Mikie, KAIHO Ayumi, YAMAGAMI Tetsuya, TANAKA Satoshi, MIYAMAE Fumiko, SUGIYAMA Mika, AWATA Shuichi, TAKAHASHI Ryutaro, YAMAGUCHI Haruyasu. Effects of Intervention Using a Community-Based Walking Program for Prevention of Mental Decline: A Randomized Controlled Trial. J Am Geriatr Soc. 2012. 60. 3. 505-510
  • 大竹 弘哲, 和田 直樹, 宗宮 真, 長嶋 和明, 藤田 清香, 田中 聡一, 高嶋 博, 白倉 賢二. シャルコー・マリー・トゥース病患者における装具使用効果の歩行分析による検討. 臨床神経学. 2011. 51. 12. 1210-1210
  • 大竹弘哲, 和田直樹, 宗宮真, 長嶋和明, 田中聡一, 白倉賢二. シャルコー・マリー・トゥース病患者における装具使用効果の歩行分析による検討. Jpn J Rehabil Med. 2011. 48. Suppl. S372-S372
  • 田中 聡一, 斎藤 綾子, 櫻井 智, 大竹 弘哲, 長嶋 和明, 藤田 清香, 大澤 幸枝. 入院患者の日常生活動作向上に関わるリハビリテーション介入開始前状態に関する研究. 日本医療福祉学会全国学術大会学術報告論文集. 2011. 2011年度. 45-50
  • 山口智晴, 牧陽子, 海保歩, 荒木祐美, 村井達彦, 亀ケ谷忠彦, 山上徹也, 田中聡一, 山口晴保. 高齢者の遂行機能評価尺度としての山口符号テストの開発―地域での認知症予防介入に向けて―. 老年精神医学雑誌. 2011. 22. 5. 587-594
  • 大竹弘哲, 和田直樹, 宗宮真, 長嶋和明, 藤田清香, 田中聡一, 白倉賢二. シャルコー・マリー・トゥース病患者における装具の効果についての歩行分析. 末梢神経. 2010. 21. 2. 364-365
  • 齊田 綾子, 大澤 幸枝, 桐山 勝枝, 櫻井 智, 田中 聡一. 入院患者に対する院内デイケアでの生活支援と個別対応リハビリテーション介入の効果. 日本医療福祉学会全国学術大会学術報告論文集. 2010. 5回. 23-30
  • 大澤 幸枝, 内堀 絹代, 田中 聡一. 認知症を伴う入院患者対応の取り組み 院内デイケア導入5年目を迎えて. 日本医療福祉学会全国学術大会学術報告論文集. 2009. 4回. 5-13
  • 大竹弘哲, 和田直樹, 宗宮真, 長嶋和明, 田中聡一, 清水透, 白倉賢二. シャルコー・マリー・トゥース病患者における装具の効果についての歩行分析. Jpn J Rehabil Med. 2009. 46. Suppl. S178-S178
  • 田中聡一, 田中聡一, 長嶋和明. 活動的な日常生活を支援する院内デイケアの導入は入院患者の認知症・廃用予防と看護者の業務・精神負担軽減の双方に効果的である. Dement Jpn. 2008. 22. 2. 205-205
  • 大竹 弘哲, 長嶋 和明, 田中 聡一. 疼痛の緩和ケアにリン酸コデインを用いた筋萎縮性側索硬化症の一例. The Kitakanto Medical Journal. 2007. 57. 1. 49-52
  • 大竹 弘哲, 長嶋 和明, 田中 聡一. 疼痛の緩和ケアにリン酸コデインを用いた筋萎縮性側索硬化症の一例. リハビリテーション医学. 2006. 43. Suppl. S406-S406
  • 山本美幸, 山本美幸, 西本智美, 高橋茂, 宮口琢磨, 柳澤正, 田中聡一, 内山靖. 脳卒中を有する対象者の自宅退院に必要な要素と自宅生活に対する意識調査. 理学療法群馬. 2006. 17. 7-12
  • SEKINO Yuko, TANAKA Satoshi, HANAMURA Kenji, YAMAZAKI Hiroyuki, SASAGAWA Yoshio, XUE Yinhuan, HAYASHI Kensuke, SHIRAO Tomoaki. Activation of N-methyl-D-aspartate receptor induces a shift of drebrin distribution: Disappearance from dendritic spines and appearance in dendritic shafts. Mol Cell Neurosci. 2006. 31. 3. 493-504
  • Antisense knockdown of drebrin A, a dendritic spine protein, causes stronger preference, impaired pre-pulse inhibition, and an increased sensitivity to psychostimulant. 2004. 5. 205-217
  • 田中聡一, 白尾智明. シナプス部アクチン細胞骨格群の遺伝子制御依存的・神経活動依存的な局在変化制御機構. 臨床神経学. 2003. 43. 12. 992-992
  • Takahashi H, Sekino Y, Tanaka S, Mizui T, Kishi S, Shirao T. Drebrin-dependent actin clustering in dendritic filopodia governs synaptic targeting of postsynaptic density-95 and dendritic spine morphogenesis. The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience. 2003. 23. 16. 6586-6595
  • 田中聡一, 白尾智明. アンチセンスオリゴヌクレオチド法によるスパイン形態とシナプス機能の制御機構解析. 臨床神経学. 2002. 42. 12. 1289-1289
  • 高橋秀人, 田中聡一, 関野祐子, 白尾智明. 樹状突起フィロポディアからスパインへの発生過程におけるアクチン細胞骨格の再構成. 日本神経科学大会プログラム・抄録集. 2002. 25th. 191
  • 田中聡一, 関野祐子, 白尾智明. 培養大脳皮質神経細胞のドレブリンA発現阻害はグルタミン酸刺激による樹状突起スパインα‐アクチニンの局在変化を抑制する. 日本神経科学大会プログラム・抄録集. 2002. 25th. 190
  • Jin M, Tanaka S, Sekino Y, Ren Y, Yamazaki H, Kawai-Hirai R, Kojima N, Shirao T. A novel, brain-specific mouse drebrin: cDNA cloning, chromosomal mapping, genomic structure, expression, and functional characterization. Genomics. 2002. 79. 5. 686-692
  • 田中聡一. 発生学から再生医療へ II 器官発生のメカニズム 神経細胞移動の制御機構. 医学のあゆみ. 2001. 199. 13. 1010-1014
  • 田中聡一, 関野祐子, 白尾智明. 樹状突起スパインの形態形成におけるドレブリンA発現阻害の影響. 日本神経科学大会プログラム・抄録集. 2001. 24th. 2-3. 385-441
  • 小林利佳, 田中聡一, 稲田健, 白尾智明, 佐治真理. アンチセンスによるドレブリン発現全脳ノックダウンラットの認知障害. 神経化学. 2001. 40. 2/3. 327
  • 田中聡一, 関野祐子, 白尾智明. 樹状突起スパインの形態形成におけるドレブリンA発現阻害の影響. 神経化学. 2001. 40. 2/3. 441
  • 田中聡一, 針谷康夫, 岡本幸市. ドレブリンの樹状突起スパインへの局在化とアイソフォーム変換の解析. 臨床神経学. 2000. 40. 12. 1373-1373
  • 田中聡一, 白尾智明. アンチセンスオリゴヌクレオチド法を用いたドレブリンA特異的ノックアウト. 日本神経科学大会プログラム・抄録集. 2000. 23rd. 305
  • 任永, 関野祐子, 田中聡一, 白尾智明. シナプス形成に伴うドレブリンAアイソフォーム発現の大脳特異的増加と樹状突起スパインへのドレブリンの集積. 日本神経科学大会プログラム・抄録集. 2000. 23rd. 240
  • 白尾智明, 田中聡一. 神経系細胞の発生と分化 神経細胞樹状突起発達とアクチン細胞骨格系. 蛋白質 核酸 酵素. 2000. 45. 3. 255-261
  • 白尾 智明, 田中 聡一. 【神経回路形成と機能発達】 神経系細胞の発生と分化 神経細胞樹状突起発達とアクチン細胞骨格系. 蛋白質・核酸・酵素. 2000. 45. 3. 255-261
  • The effects of neurotrophin-3 and brain-derived neurotrophic factor on cerebellar granule cell movement and neurite extension in vitro. Neuroscience. 2000. 97. 724-734
  • 田中聡一, 岡本幸市. NT‐3による小脳か粒細胞移動抑制およびBDNFによる神経突起伸長促進は神経栄養因子による生存維持変化によるものではない. 臨床神経学. 1999. 39. 12. 1439
  • 田中 聡一, 岡本 幸市. BDNF,NT-3による細胞移動と成長円錐移動の異なる調節. 臨床神経学. 1999. 39. 1. 254-254
  • 田中 聡一, 関野 祐子, 白尾 智明. 小脳顆粒細胞成長円錐移動に及ぼすニューロトロフィンの効果. 神経化学. 1998. 37. 3. 505-505
  • 白尾智明, 田中聡一, 関野祐子, 林謙介. 神経細胞移動・軸索成長の遺伝子機構 (文部省S). 神経回路の機能発達3 平成10年. 1998. 57-58
  • 田中 聡一. 脳形成時期の小脳顆粒細胞は,NT-3により細胞が成熟し移動が抑制される. 臨床神経学. 1997. 37. 12. 1184-1184
  • 田中 聡一. 小脳顆粒細胞の移動速度に対する神経栄養因子NT-3,BDNFの効果. 神経化学. 1997. 36. 3. 232-232
  • 宗宮真, 田中聡一, 藤田行雄, 吉田敏彦, 岡本幸市. 上小脳脚交叉部に限局性に生じた中脳出血の若年男性例. 月刊神経内科. 1997. 46. 6. 669-671
  • 田中聡一, 田中真, 和田直樹, 岡本幸市, 平井俊策, 田中恵子. Paraneoplastic cerebellar degenarationにおける小脳血流量と代謝の解離. 臨床神経学. 1997. 37. 6. 514-519
  • 田中 聡一, 林 謙介, 関野 祐子, 白尾 智明. 培養小脳顆粒細胞移動の速度はNT-3によって抑制される タイムラプスビデオ顕微鏡による解析. 神経組織の成長・再生・移植. 1997. 9. 1. 7-8
  • 田中聡一,林謙介,関野祐子,白尾智明. 培養小脳顆粒細胞の移動の速度はNT-3によって抑制されるータイムラプスビデオ顕微鏡による解析. 神経組織の成長,再生,移植. 1997. 9. 7-8
  • 白尾智明, 林謙介, 田中聡一. 神経細胞移動・軸索成長の遺伝子機構 神経細胞内のドレブリン結合細胞骨格についての研究 (文部省S). 神経回路の機能発達2 平成9年. 1997. 61-62
  • 田中 聡一. 小脳顆粒細胞の細胞移動,神経突起伸長に対する神経栄養因子の作用. 臨床神経学. 1996. 36. 12. 1535-1535
  • 田中聡一,. 小脳顆粒細胞の凝集塊培養でニューロトロフィンの神経突起伸長、細胞移動に及ぼす影響. 神経組織の成長,再生,移植. 1996. 8. 59-60
  • 田中聡一, 岡本幸市. 神経栄養因子とその受容体についての最近の話題. Curr Insights Neurol Sci. 1996. 4. 1. 10-11
  • 田中聡一, 小林聡, 林謙介, 平井俊策, 白尾智明. K252aによる培養小脳か粒細胞移動抑制のメカニズム. 神経化学. 1995. 34. 2. 74-75
  • 岡本幸市, 平井俊策, 甘利雅邦, 中川敏之, 田中聡一. 抗Cystatin C抗体を用いた免疫細胞化学的所見よりみたALSの脊髄前角病変 (厚生省S). 神経変性疾患調査研究班 1993年度研究報告書. 1994. 175-179