中川和昌


理学療法士免許取得後,病院業務の他に地域住民の健康増進,スポーツ選手に対するトレーナー活動を続けて参りました。
専門分野は予防も含めた運動器・スポーツ傷害に対する理学療法およびアスレティックトレーニング,地域における健康増進や介護予防,さらに理学療法教育効果の研究等です。

【主な担当科目】
理学療法評価法・評価法実習,スポーツ理学療法,動作解析学,他


【略歴】
1. 学歴
2003年: 群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業
2008年: 群馬大学大学院医学系研究科博士後期課程修了

2. 職歴・教育歴
2003~2009年: 医療法人高徳会上牧温泉病院 理学療法士
2009~2012年: 群馬大学大学院保健学研究科 助教
2012年~: 高崎健康福祉大学保健医療学部理学療法学科 講師 → 2016年~ 現職

(2016年9月~2017年9月 Fresenius大学Munichキャンパス 非常勤講師)


【学位】  博士(保健学)

【資格】  理学療法士,日本体育協会公認アスレティックトレーナー,他

【所属学会】 日本理学療法士学会(専門理学療法士: 運動器/生活環境支援,認定理学療法士: スポーツ/健康増進・参加/介護予防/教育),日本アスレティックトレーニング学会,日本医学教育学会,他

【業績】
1. 学術論文
Kazumasa Nakagawa, et al.: Benefits of off-campus education for students in the health sciences: a text-mining analysis, BMC Medical Education, 12, 84, 2012.  他

2. 学会発表
Kazumasa Nakagawa, et al.: The effect of a health promotion program consisting of easy and simple exercises for community living elderly people, 15th International WCPT Congress, Vancouver, Canada, 2007.  他


トピックス