大野洋一

10年間大学病院に勤務し、臨床、教育、研究に携わってきました。専門分野は脳卒中やパーキンソン病など神経筋疾患です。研究ではラットを用いた基礎研究からチーム医療教育やパーキンソン病に関するものを行っています。これまでの臨床経験を活かし、理学療法の魅力を少しでも伝えていきたいと思っています。

【学位】
保健学修士(金沢大学)

【略歴】
1999年 群馬県立前橋東高校 卒業
       富山医療福祉専門学校理学療法学科 入学
2003年 富山医療福祉専門学校理学療法学科 卒業
       金沢医科大学病院 勤務
2009年 金沢大学大学院医学系研究科 保健学専攻(博士前期課程)入学
2011年 金沢大学大学院医学系研究科 保健学専攻(博士前期課程)修了
2013年 金沢医科大学病院 退職
       高崎健康福祉大学 理学療法学科 着任
2015年 前橋工科大学大学院工学研究科 環境・生命工学専攻(博士後期課程)入学

【専門分野】
神経系理学療法学
 ・脳卒中患者に対する動作分析
 ・パーキンソン病患者に対する生活支援
基礎系理学療法学
 ・パーキンソン病ラットモデルの作成および神経行動学評価
チーム医療連携
 ・学生に対するチーム医療教育

【担当科目】
生理学・生理学実習
解剖学Ⅱ・解剖学実習
理学療法セミナーⅢ
理学療法症例基盤型演習Ⅱ
機能・能力診断学臨床実習
理学療法総合臨床実習
卒業研究

【所属学会】
日本理学療法士協会
日本私立医科大学理学療法研究会
日本保健医療福祉連携教育学会
日本在宅ケア学会
日本生理学会

【研究業績】 ※過去5年以内 筆頭のみ記載
論文)
・Yoichi Ohno:Home-based aerobic exercise ameliorates symptoms in patients with
         parkinsons’s disease. Int J Phy 5(1):1-6,2018
・大野洋一,木暮香奈:在宅パーキンソン病患者の歩行に対する振動刺激を用いた外的刺激の有 
              用性の検討. 日本福祉工学雑誌 19(2):10-15,2017
・大野洋一:在宅パーキンソン病患者に対する聞き流しによる受動的音楽聴音効果の検討.日本 
        在宅ケア学科誌 21(1):61-66,2017
・大野洋一:在宅パーキンソン病患者における症状の日内変動がADL介助状況に
        与える影響について.臨床理学療法研究,32:7-11,2015
・大野洋一・他:病棟リハビリテーション開始後患者群における在院日数短縮の
           要因分析.臨床理学療法研究,30:21-23,2013.

学会発表) 
・Yoichi Ohno  et al:Effect of an Aerobic Exercise on the Recovery of Forelimb Function in       
             6-OHDA rat-model of Parkinson’s Disease. World Congress on    
             Parkinson’s Disease and Related Disorders (Vietnam,2017,11)
・大野洋一:在宅パーキンソン病患者に対するペダル運動を用いた自主運動効果の検討. 第54回
       日本リハビリテーション医学会学術集会(岡山,2017.6 )
・大野洋一,木暮香奈:在宅パーキンソン病患者に対する体性感覚キュー刺激の有用性の検討-   
              歩行および日常生活に与える影響について‐第22回日本在宅ケア学会 
              (東京,2016.7)
・大野洋一・他:パーキンソン病モデルラットにおける前肢機能および姿勢特性の検討.
         第53回日本リハビリテーション医学会学術集会(京都,2016.6)
・大野洋一・他:Study of forpaw function and posture using the Reaching Task of   
              Parkinson’s disease model rats.第93回日本生理学会(北海道,2016.3)
・大野洋一・他:パーキンソン病モデルラットにおける前肢運動機能の定量的解析の試み
          第8回神経機能回復セミナー(秋田,2015.9)
・大野洋一:在宅パーキンソン病患者における症状の日内変動と非運動症状の関係について
       第20回日本在宅ケア学会(東京,2015.7)
・大野洋一:在宅パーキンソン病患者に対する症状の日内変動に着目した転倒に関するアンケ
                  ー
ト調査の報告.第50回日本理学療法学術大会(東京,2015.6)
・大野洋一・他:本学におけるチーム医療教育の取り組みとその効果について‐学内講義およ 
                       び外部実習効果の検証‐.第7回保健医療福祉連携教育学会学術集会
          (新潟, 2014.9),プログラム
・大野洋一・他:高崎健康福祉大学理学療法学科におけるチーム医療教育の取り組み効果と
                       今後の課題.第49回日本理学療法学術大会(神奈川,2014.5)
・大野洋一・他:高崎健康福祉大学理学療法学科におけるチーム医療の取り組みとその効果
                       について.第6回保健医療福祉連携教育学会学術集会(宮城,2013.10),
          プログラム


【講演】

・前橋市難病友の会 医療講演会 講師 [前橋市 県社会福祉センター](2018.5.20)
・パーキンソン病患者に対するリハビリテーション-ADL指導のポイントと実践方法- 
 第1回 高崎パーキンソン病地域医療研究会(2017.1.19)
・群馬県難病団体連絡協議会 難病医療相談 講師 [前橋市 県社会福祉センター](2015.11.22)
・パーキンソン病患者・家族の集い 講師 [前橋市 県社会福祉センター](2015.3.29) 


【社会活動】
2014年5月~現在     全国パーキンソン病友の会群馬支部 理事
2014年3月~2015年3月 前橋工科大学地域連携推進センター 研究協力員

【競争的資金の獲得状況】
2017年12月~2018年12月
公益財団法人上毛新聞厚生福祉事業 平成29年度「愛の募金」[研究代表者]
ペダル運動器を用いた認知症予防
2016年3月~2017年3月 
公益財団法人在宅医療助成勇美財団在宅医療助成金[研究代表者]
重度パーキンソンン病患者に対する在宅での受動的な音楽の聴音が運動機能および精神機能に与える効果の検証
2015年4月~2016年3月 
日本在宅ケア学会 平成27年度実践・研究助成金[研究代表者]
在宅パーキンソン病患者に対する振動によるキュー刺激が歩行に与える影響について
2015年4月~2018年3月  
文部科学省学術研究助成基金助成金 挑戦的萌芽[研究代表者]
パーキンソン病患者に対する症状の改善を目的とした新たな在宅運動療法の確立 

【臨床活動】
ほあんの家:通所リハビリ施設にて地域高齢者に対する理学療法を行っている

【資格】
2018年 生理学エデュケーター (日本生理学会)

2016年 LSVT BIG認定コース修了 (LSVT Global Inc)