半田瞳

理学療法免許取得後、群馬県内の病院で急性期から維持期の理学療法や介護予防事業に携わってきました。その後、教員として教育現場で働きながら大学院で研究をしております。現在は、超音波画像診断装置を用いた基礎的な研究と、腹圧性尿失禁に対する新たな評価方法と体操の開発の研究をしております。

【学位】
博士(保健医療学修士)

【略歴】
2002~2010年:群馬県内の病院に勤務
2010~2012年:臨床福祉専門学校 専任教師
2012~2013年:国際医療福祉大学保健医療学部理学療法学科 助手
2013年~高崎健康福祉大学保健医療学部理学療法学科 助手
2013年:国際医療福祉大学大学院修士課程修了(保健医療学修士)
2016年:国際医療福祉大学大学院博士課程修了(保健医療学博士)

【専門分野】
基礎理学療法,Woman’s Health

【所属学会】
日本理学療法士協会
理学療法科学学会
日本保健科学学会
日本運動器疼痛学会
日本女性骨盤底医学会
International Neuromuscular Joint Facilitation Laboratory
日本マイオチューニングアプローチ学会

【最近5年間の研究業績】
≪学術論文≫
●生方瞳,丸山仁司,霍明: 中高年女性の腹圧性尿失禁症状とインナーユニットの関係. 理学療法学, 2017.

●綿貫李菜,生方瞳:脊髄損傷受傷レベルが車椅子テニス競技に及ぼす影響 —リーチ動作,車椅子駆動動作に着目して—. 理学療法科学, 32(3), 355-358, 2017.

●Hitomi Ubukata・et al: Relationship between the phases of the menstrual cycle and the   transversus abdominis muscle. J Phys Ther Sci 27(3), 563-565, 2015.                                                        ● 生方瞳,丸山仁司,霍明, 黄秋晨:超音波画像診断装置を用いた腰部多裂起因横断面積の
 
男女差について. 理学療法学, 41(5), 301-305.
● Hitomi Ubukata, Hitoshi Maruyama, Ming Huo, Qiuchen Huang:Body Responses to
  Sound Stimulation: A Crossover Atudy. J Phys Ther Sci, 26(6), 11129-1131, 2014
● 生方瞳,霍明,丸山仁司:慢性腰痛症における多裂筋筋硬度の左右差について. 理学療法科学, 29(1), 101-104, 2014.
● Qiuchen Huang, Desheng Li, Noriyo Yokotsuka, Hitomi Ubukata, MingHuo,HitoshiMaruyama
   The Intervention Effects of Different Treatment for Chronic Low Back Pain as Assessed by the Cross-sectional Area of the Multifidus Muscle. J Phys Ther Sci25(7), 811-813, 2013.

 

≪学会発表≫
●Hitomi Ubukata・et al: Examination of Inner Unit Muscle Function with a Diagnostic Ultrasonic Imaging Device. World Confederation for Physical Therapy Congress 2015, Singapore, 1-4 May, 2015.                                                                                                                        ●Hitomi Ubukata・et al: The urinary incontinence evaluation by the pelvic floor elevation and the physical characteristics of urinary incontinence patients. 15th International Meeting of Physical Therapy Science, Beijing, china, March 27- 29, 2015                            ● 生方瞳・他:健常若年女性の月経周期と腹横筋の関係性,第33回関東甲信越ブロック理学
  療法士学会(千葉,2014,10)
● Hitomi Ubukata・et al: Simultaneous Contraction of the Inner Unit.
  14th International Meeting of Physical Therapy Science, Korea, August9, 2014.
● 生方瞳・他:腰部多裂筋に影響を及ぼす因子, 第49回 日本理学療法学術
  大会(神奈川, 2014, 5)
● Hitomi Ubukata・et al: Reliability of Measurement the Pelvic Floor
   Elevation on Ultrasound. 13th International Meeting of Physical Therapy Science, Dalian,
   China, March 21-23, 2014
● Hitomi Ubukata・et al: Relationship between the Menstrual Cycle and
   Transversus abdominis in Healthy Young Women, The 8th Beijing International Forum on
   Rehabilitation(China National Convention Center 2013, 9)
● Hitomi Ubukata・et al: EFFECTS OF VARIOUS
   SENSORY INPUT ON PHYSICAL REACTIONS, WCPT-AWP&ACPT Congress 2013(3013, 9)
● 生方瞳・他:音刺激による指床間距離への影響,第48回理学療法学術大会(愛知,2013,5) ● Hitomi Ubukata・et al:Awareness on the Elderly among the
   Students of Department of Physical Therapy, 12th International Meeting of Physical Therapy
   Science(korea, 2013,7)
● Hitomi Ubukata・et al:Influence that cervical traction exerts on motor,International Meeting  of Physical Therapy Science(Shanghai,2013,3)
● 生方 瞳・他:腰部多裂筋横断面積の男女差についての検討,第62回理学療法科学学会(神奈川
  2013,1)
● 生方 瞳・他:慢性腰痛症における腰部多裂筋筋硬度の差について,第59回理学療法科学学会
  (福岡,2012,9)
● Hitomi Ubukata・et al:Response of the Body to Powerful Sound Stimulation,北京リハビリ
 テーションフォーラム(北京,2012,9)
● 生方 瞳・他:入学前学習会に関するアンケート調査,第25回教育研究大会・教員研修会(東京,
   2012,8)
● 生方 瞳・他:教員のための国家試験対策テクニック,理学療法科学学会(東京,2011,7)
● 生方 瞳・他:模擬患者演習における新しい試み―コミュニケーションスキルに着目して―,
   第8回臨床福祉研究学術集会(東京,2011,2)

【社会活動】
・群馬県特別支援学校機能強化モデル事業 支援員 2013~
・NPO法人 日本リハビリ国際交流協会 会員 2014年~
・Manuscript reviewer : Clinical Plactice & Epidemiology in Mental Health 2014年
・NPO法人 リハビリテーション学術センター 会員 2017年~

 

【競争的資金の獲得状況】
2014~2016年度 文部科学省学術研究助成基金助成金 若手研究B
「インナーユニット機能を用いた尿失禁体操の開発と評価」<研究代表者>

2017~2020年度 文部科学省学術研究助成基金助成金 若手研究B
「尿失禁に対する身体アライメントを考慮した新たなトレーニング法の開発と効果検証」<研究代表者>