齊田高介

【学位】
人間健康科学修士(京都大学大学院)

【略歴】
2002年 横浜市立大学 商学部 経営学科 卒業
2009年 群馬大学 医学部 保健学科 理学療法学専攻 卒業
2014年 京都大学大学院 医学研究科 人間健康科学系専攻 修士課程修了
2015年 高崎健康福祉大学 保健医療学部 理学療法学科 助手

【専門分野】
運動学、運動力学

【所属学会】
日本理学療法士協会

【研究業績】
《学術論文》
疲労による中殿筋の選択的筋力低下が動作時の下肢アライメント及び筋活動に与える影響(修士論文).2014
《症例報告》
齊田高介、土田奈生子、篠原智行、後閑浩之.足部からの介入がバランス改善に寄与した一症例.理学療法群馬232012年発行
《学会発表(第1発表者)》
齊田高介、大塚直輝、小山優美子、西村里穂、長谷川聡、市橋則明.疲労による中殿筋の選択的筋力低下が着地動作時の下肢アライメント及び筋活動に与える影響.第48回日本理学療法学術大会
《学会発表(第1発表者以外)》
・西村里穂、大塚直輝、齊田高介、小山優美子、市橋則明.ハムストリングスの選択的疲労が着地動作に及ぼす影響.第48回日本理学療法学術大会
小山優美子、建内宏重、齊田高介、季翔、梅垣雄心、西村里穂、小林政史、市橋則明.変形性膝関節症患者のscrew home movementに影響を与える因子の検討.第49回日本理学療法学術大会
Koyama Y, Tateuchi H, Saida K, Ji X, Umegaki H, Nishimura R, Kobayashi M, Ichihashi NRelationship between knee joint load and muscle activity of the lower extremity in patients with medial knee osteoarthritisThe XX Congress of the International Society of Electrophysiology and Kinesiology. 2014