小山裕史

【学位】
人間科学博士(早稲田大学)

【略歴】
1956年11月14日 鳥取県生まれ
1981年 ワールドウィングエンタープライズ設立 代表
1987年 ㈱ワールドウィングエンタープライズ(上記組織変更) 代表取締役
1987年~ オリンピック強化スタッフ;フィットネスコーチ
1994年 初動負荷理論を発表
1997年~ 歴任競技団体;(財)全日本柔道連盟,(財)日本陸上競技連盟,(財)日本水泳連盟,(財)日本スケート連盟
2004年4月 早稲田大学大学院人間科学研究科 修士課程 健康・生命医科学研究領域専攻 入学
2005年4月~ (財)初動負荷トレーニング研究財団における研究,左記財団における初動負荷トレーニング指導士育成・教授,理事長,主任研究員,主任指導員(~2010年4月)
2005年10月~ 鳥取大学客員教授(医学部) (~2006年3月)
2006年3月 早稲田大学大学院人間科学研究科 修士課程 健康・生命医科学研究領域専攻 修了
2006年4月 早稲田大学大学院人間科学研究科 博士後期課程 健康・生命医科学研究領域専攻 入学
2010年5月~ ㈱ワールドウィングエンタープライズ付属B.M.L.T.生命医科学研究所 所長
2011年3月 早稲田大学大学院人間科学研究科 博士後期課程 健康・生命医科学研究領域専攻 修了
2014年10月~ 高崎健康福祉大学 保健医療学部 理学療法学科教授

【専門分野】
バイオメカニクス
神経筋制御,運動制御
初動負荷理論

【主な担当科目】
健康運動実践学(1年生・必修)
運動指導実践論(2年生・選択)

【所属学会】
日本体育学会
日本体力医学会
一般社団法人日本臨床スポーツ医学会

【研究業績】
≪学術論文≫
・H.Kobayashi,Y.koyama,R.M.Enoka,S.Suzuki:A unique form of light-load training improves steadiness and performance on some functional tasks in older adults.Scand J Med Sci Sports 2014:24:98-110
・Beginning Movement Load Training-Induced Neuromuscular Adaptations in Humans 初動負荷トレーニングによる神経筋の協応能の変化とその解析.査読有(2011)[学位論文]

≪著書≫
・トレーニング革命/ベースボールマガジン社(’85~’89)
・新トレーニング革命/講談社(’91~’94)
・[新訂版]新トレーニング革命-初動負荷理論に基づくトレーンニング体系の確立と展開/講談社(’94~’08)
・初動負荷理論による野球トレーニング革命/ベースボールマガジン社(’99.12~)
・「奇跡」のトレーニング 初動負荷理論が「世界」を変える/講談社(’04.1.15~)
・小山裕史のウォーキング革命/講談社(’08.2.20)
・希望のトレーニング/講談社(’14.7.31)/小山裕史監修
・新版 スポーツ外傷・障害の理学診断理学療法ガイド/臨床スポーツ医学編集委員:編/文光堂(2003)
・アスレッチクリハビリテーションガイド/文光堂(2008)
≪学会発表≫
・武田直人,小山裕史(2014) 足骨及び踵骨の各年齢における変化とシューズについての検討.第25回日本臨床スポーツ医学会学術集会,東京
・Kobayashi Hirofumi,Koyama Yasushi,Suzuki Shuji:”Beginning movement load training improves steadiness of older adults during submaximal isometric contractions.”18th Congress of the International Society of Electromyography and Kinesiology.(20100106-20100107).早稲田大学

・その他業績等についてはこちら