地域看護学

国際・地域看護学

地域看護学領域の教員は、倉林しのぶ・赤堀八重子・関根恵理香です。領域で担当する科目は、公衆衛生看護学概論、公衆衛生看護方法論、地域ケアシステム実習【公衆衛生看護活動論Ⅰ・Ⅱ、公衆衛生看護組織論、公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ等】です。(【 】内は保健師課程のみ)

 2年次: 地域住民の健康生活を支援する公衆衛生看護活動全般と地域の看護職である保健師の役割について学びます。

 3年次: 地域ケアシステム実習:

介護施設、介護支援事業所、有料老人ホームなどを実習施設とし、地域で生活、療養している住民や家族の健康課題を包括的に捉えながら人々を支えるシステムを学びます。

 

【保健師課程選択者】

3年次:

公衆衛生看護学実習Ⅰでは、大学周辺の公民館で実施されている高齢者対象の「いきいき健康サロン」において「健康教育」を企画・運営します。その地域の特長を理解した上で、民生委員さんと連絡調整しながら、対象にあったテーマを選定しグループごとに「健康教育」を実践します。ポスターやパンフレットを使った教育、クイズ形式、お芝居形式など、さまざまな方法で効果的な健康教育を企画しましょう。

 4年次:

公衆衛生看護活動論Ⅱでは、実際に地域に出向き、その地域の自然や交通、環境などを観察する地区把握のための「地区視診活動」を実践します。その他、「母子保健論」「健康危機管理論」「産業保健論」等の集中講義があります。

公衆衛生看護学実習Ⅱでは、保健所や市町村において現場の保健師指導のもと、健康診査、家庭訪問、健康教育等の活動にも参加します。

保健師活動は、地域の医師、看護師、栄養士、助産師、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士などの専門職や、民生委員、ボランティア、NPO団体など、さまざまな職種との連携のもとに実践されています。実習のなかで、「地域の看護専門職」としての保健師活動の実際を学んでください。

[labo-list-Id author="kura" num="10"