国際看護学

 

担当:望月経子、李孟蓉

【国際看護学】

 看護による国際協力について学びます。国際協力における看護職の役割や活動について知り、看護の世界的な動向について理解し、国際的な視野から「看護」を考えます。 世界で起きている様々な健康問題に対しいかに看護が介入して克服していくか、その方策を一緒に見出しましょう。また、在日外国人への健康支援も学びます。グロバリーゼーションが叫ばれる今、異文化看護を学習することで、看護の普遍性および多様性について深く認識することができると考えます。 

 

 【国際看護論Ⅱ】 

災害における看護の機能、役割と実際について学びます。災害の種類やサイクル、法制度・体制、看護の対象と活動の場などの基本的知識と、災害サイクル各期における人々の状況、および看護の役割と機能を理解します。災害の概念を理解し、被災者の生活と公助・共助・自助のあり方をイメージしてながら、看護の対象のみならず自分自身の身を守る防災・減災対策を修得します。 また、トリアージ演習をとおして、災害発生時における看護の役割を学びます。

 

 【国際保健医療論】 世界を概観し、人類が抱えている貧困問題、食糧問題、環境問題、教育問題などを直視し、人々の生命や健康を脅かす問題として、今何が起こっているのか、その原因は何か、又、私達に何が出来るのかを一緒に考え、医療従事者として、人々の生命や尊厳、幸福、健康を守る取り組みを学びます。世界の保健医療の現状、国際保健医療協力の理念、国際保健医療協力の体制および方法論等について学習します。

 

【研究ゼミナール】

 国際看護や災害看護に興味を持つ学生が、疑問や問題に思っていることをテーマに取り上げ、解決に向けた研究活動を行いながら看護研究の方法を習得します。今年度は災害看護に焦点をあてて研究に取り組みます。