池田朋広

<研究分野>
これまで主に、精神科医療分野と司法精神保健分野におけるソーシャルワーク実践と、研究を行なってきました。また、精神科医療施設内で行なわれる心理社会的治療プログラムの開発などにも携わってきました。
質の高いソーシャルワーク実践を行なっていくためには、社会全体の状況を正確に把握しつつ、自らの実践過程を常に振り返り、また、その実践効果を繰り返し検証することが大切だと思っています。これからも、精神保健・医療・司法の分野を中心に、実践と表裏一体となった研究を行って行きたいと思っています。
主な研究テーマは、①薬物使用者へのソーシャルワーク、②触法精神障害者の社会復帰支援、③医療観察法対象者の裁判事例、④精神障がい者への汎化可能な支援プログラムの作成、⑤医療機関における大量飲酒者への早期介入研究などです。

<専門領域>
ソーシャルワーク,社会精神保健学,精神保健福祉学,物質使用障害支援,触法精神障害者支援

<学位>
学術博士(筑波大学)
医学博士(昭和大学)

<略歴>
1996年 淑徳大学社会学部社会学科 卒業
1996年 昭和大学附属烏山病院 入職(〜2017年 退職)
2000年 日本福祉教育専門学校通信課程(社会福祉士受験資格 取得) 卒業
2003年 筑波大学大学院修士課程 教育研究科 カウンセリング専攻
       リハビリテーションコース 修了
2004年 特定非営利活動法人 メンタルケア協議会 東京都精神科救急医療情報センター
       精神科救急専門相談員 非常勤 入職 (〜2007年 退職)
2006年 東京地方裁判所 医療観察法制度 精神保健参与員(〜現在 9回の指定を受諾)
2007年 筑波大学大学院博士課程 人間総合科学研究科 ヒューマン・ケア科学専攻
       社会精神保健学分野 入学(〜2010年 単位取得退学)
2009年 昭和大学医学部 精神医学講座 特別研究生(〜2017年)
2011年 財団法人東京都医学総合研究所 精神行動医学研究分野 協力研究員
     (2017年〜客員研究員)
2016年 立教大学 コミュニティ福祉学部 兼任勤講師(〜現在)
2017年 高崎健康福祉大学 健康福祉学部 社会福祉学科 准教授(〜現在)
2017年 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 薬物依存研究部
       客員研究員(〜現在)
2018年 あいメンタルクリニック リカバリーセンター スーパーバイザー(〜現在)

<資格>
精神保健福祉士(登録番号09620)
社会福祉士(登録番号48903)

<受賞>
2009年 第28回 日本社会精神医学会 宇都宮 優秀発表賞
2015年 第4回  日本社会精神医学会 優秀論文賞

<所属 学会・職能団体・研究会>
日本社会精神医学会
日本アルコール・アディクション医学会
日本精神保健福祉士協会
日本社会福祉士会
精神医療法研究会
司法精神医療福祉研究会
自分や他者を傷つける行動に関する研究会
ドラッグアディクションソーシャルワーク研究会

<近年の主な業績>
1.論文(筆頭論文のみ)
支援機関の連携により就学支援を行なった統合失調症患者の事例.
 リハビリテーション連携科学会雑誌 第8号2 p101 ~ p106 .2007
ソリューションフォーカスト・ブリーフセラピーを活用したアルコール依存症治療・リハビリ
 テーションプログラム.臨床精神医学 第38号9 p1305 ~ p1314 .2009
・覚せい剤併存性障害への支援にあり方に関する一考察-統合失調症支援モデル事例と依存症支援モデル事例との比較から-.アルコール薬物医学会誌 第45巻2号 p92 ~ p103 .2010
・精神病性障害と物質使用障害の併存性障害について‐精神病性併存性障害3症例への考察‐.精神科治療学 第25巻5号 p573 ~ p581 .2010
・措置入院指定病院の立場における違法物質使用障害者への退院支援策の検討
 ‐司法処遇と薬物採尿検査に着目した4事例から‐.日本アルコール・薬物医学会雑誌
 第49巻 第1号 p45 ~ p56 .2014
・措置入院指定病院に入院する違法物質使用障害者の実態調査
 ‐退院時における逮捕群と非逮捕群との比較から‐.日本社会精神医学会雑誌
 第23巻 第2号 p112 ~ p122 .2014
・物質使用障害と精神病性障害を併せ持つ者への地域支援策の検討
 ‐薬物依存症リハビリテーション施設への全国調査から‐.日本アルコール・薬物医学会雑誌 第49巻 第6号 p340 ~ p355 .2014
・Study of cognitive functions affected to efficacy of psycho educational program for
    patients with schizophrenia. Brain Disorder & Therapy Volume5・lssue3 1000224 .2016
・措置指定病院における精神病性障害と物質使用障害を併せ持つ者への
 「併存性障害集団認知行動療法プログラム」の意義と有効性の検討.日本社会精神医学会雑誌 第26巻 第1号 p11 ~ p24 .2017

2.外部研究費
2010年 統合失調症研究会 第6回研究助成 共同研究者
・2011年 科学研究費助成事業 基盤研究C
       認知機能の改善による退院促進プログラムの効果の検討 分担研究者
・2014年 第45回(平成26年度)三菱財団社会福祉助成事業・研究助成
     「物質使用障害」と「その他の精神障害」を併存する者に対する
      認知行動療法プログラムの効果検証に関する研究、及びその普及事業
      代表研究者