2018.01.19

【公開講座】2月10日 子どもの貧困とその支援の最前線

平成29年度 高崎健康福祉大学公開講座 (ぐんま県民カレッジ連携講座)

子どもの貧困とその支援の最前線

日時:2018年2月10日(土) 13:00~15:30 (開場12:30)

場所:高崎健康福祉大学 6号館 101講義室

参加費:無料  定員:200名

 

子どもの貧困対策として、現在大泉町で取り組みが行われている活動を紹介しながら、現代の日本で進行しつつある貧困問題の状況と、その支援のあり方について話し合い、私たちにできることは何かを考えたいと思います。

 イントロダクション 13:05~13:25 「子どもの貧困の現状」

今日日本で起きている子どもの貧困問題とはどのようなものかについて解説します。                                                                                      人間発達学部 子ども教育学科 准教授 野田 敦史

講演1 13:25~13:55 「大泉町学習支援事業の取り組み」

NPO法人として委託している「群馬県子どもの生活・学習支援事業」の大泉町での学習支援事業について紹介します。                                                                                         人間発達学部 子ども教育学科 教授 ・ NPO法人わくわく広場の会 理事長 岡本 拡子

講演2 14:00~14:30  「大泉町子ども食堂の取り組み」

子ども食堂って何?大泉町子ども食堂「おおいずみっ子食堂」の取り組みを中心に紹介します。                                                                                        健康福祉学部 健康栄養学科 助手 町田 大輔

 ディスカッション 14:45~15:15 「大泉町行政の貧困支援」

大泉町で行われている貧困支援について、大泉町役場社会福祉課の森拓洋さんにお話しをうかがい、今後の官学が連携した支援のあり方について考えていきたいと思います。                                                                                 大泉町役場 社会福祉部福祉課 社会福祉係 主査 森 拓洋

人間発達学部 子ども教育学科 教授 ・ NPO法人わくわく広場の会 理事長 岡本弘子

健康福祉学部 健康栄養学科 助手 町田 大輔

 

公開講座のお申し込みはこちら

農学部右側ミニバナー(18夏OC)170629入試サイトミニバナー資料請求バナー170406-広報-テレメールtakasaki_kenko_fukushi_170_54デジタルパンフレット170623 -認定看護師教育課程-特別支援教育免許法認定講習バナー