2016.08.17

理科スクールを実施しました

 生徒の理科離れが問題になる中、高崎健康福祉大学では、近隣の中学校の生徒さんを主対象とした理科の実験イベントを実施してきました。

 本年度は、以下の2テーマを掲げ、県内の中学校の生徒さんを中心に幅広く参加者を募集いたしました。

1)あなたの水は大丈夫?手軽に出来る水質検査(薬学科)

 水は命の源。しかし、文明社会では水の安全性が脅かされている。ここでは、簡単な方法で水の硬度の測定を行い、身の回りの水(水道水、ミネラルウォーター等)がどのように違うのか調べよう。また、水道水には殺菌・消毒のため塩素が含まれるが、他の水はどうでしょう。実際に塩素の含有量を測定してみよう。

2)試験管内で光るタンパク質を作ってみよう(子ども教育学科)

 生物は、細胞内でタンパク質を合成しています。タンパク質の設計図(DNA)とタンパク質合成装置(リボソーム)、材料(アミノ酸)を用いて、試験管内で緑色に蛍光するタンパク質を合成してみよう。

 募集の結果、県内の中学校と健大高崎高校から合わせて8名の生徒さんに参加頂き、8月10日(水)に「試験管内で光るタンパク質を作ってみよう」のテーマに集約して「理科スクール」を実施いたしました。

 当日、猛暑の中、参加された生徒さんは、講師の先生の指導のもと、実験活動に真剣に取り組んでいました。当日実施したアンケートにおいても、「面白かった」、「理科・科学技術の分野への興味・関心が高まった」、「自分の進路の参考になった」等の意見・感想が寄せられ、大変好評でした。

 以下は当日の実験の様子です。

160810理科スクール写真01 160810理科スクール写真02
160810理科スクール写真03 160810理科スクール写真04
170817_banner一般入試対策講座170629入試サイトミニバナー資料請求バナー170406-広報-テレメールデジタルパンフレット170623 -認定看護師教育課程-大学祭バナー