2018.06.15

老年看護学方法論Ⅰ特別講義「高齢者のための音楽療法」が行われました。

6月11日(月) 老年看護学方法論Ⅰの特別講義として、内田病院の音楽療法士の高橋由貴子先生をお招きし、音楽療法についてご講義を頂きました。音楽や楽器などを用いた実技と体験を行い、実際の事例を基に音楽療法の活用や効果について学びました。音楽療法は認知症の療養的アプローチとしても行われているものですが、音楽療法だけでなく、高齢者との関わり方や活用方法も楽しく学べました。音楽の力を体感し、元気と笑顔があふれる時間となりました。今後の高齢者とのかかわり方なども振り返るきっかけとなり、これからの実習などで活かせるものとなりそうです。

DSC_0150

DSC_0155

DSC_0178

老年看護学