2018.05.07

授業紹介「小児看護学実習全体オリエンテーション」

5月から3年生の領域別看護学実習が始まります。4月30日には、3年生全員を対象に小児看護学実習全体オリエンテーションを実施しました。

少子高齢化社会や核家族化、都市化などの影響を受け、子どもと関わる機会が少なくなってきているためか、子どもと直接的に関わる小児看護学実習に不安を感じている学生さんが多くいました。オリエンテーションでは、実習目的と目標を丁寧に確認し、実際の実習の様子をDVD教材で鑑賞しながら具体的な状況をイメージできるよう展開しました。また、昨年実習を修了した4年生からは、実習での学びや受け持ち患児の看護展開を発表してもらうとともに、応援メッセージももらいました。3年生は先輩からの話に真剣に耳を傾け、「先輩のアドバイスは、とてもありがたかった」「これまでの講義資料をポートフォリオにまとめて活用したい」「事前学習をしっかりやって臨みたい」などが聞かれ、実習に向けた学習の準備性を整える機会となりました。

実習先では患者様やご家族様、病院スタッフ様とのさまざまな出会いがあります。1年生から積み上げてきた知識と技術を活かし、子どもと家族を支える看護について学生ひとりひとりが考えてほしいと思います。

多くの方々に支えられて看護学実習を実施させていただけることに感謝し、それぞれの学生が学びを深め、成長できるよう指導して参ります。

小児看護学領域

20180430小児看護①20180430小児看護②