2016.06.18

社会福祉学科高大連携事業「ソーシャルワーカーを知ろう!」が始まりました

本学社会福祉学科の高大連携事業が6月3日(金)から始まりました。

「ソーシャルワーカーを知ろう!」というテーマで5回にわたり活動します。本企画は主として進路選択の検討材料としてもらおうと、健大高崎高校の生徒を対象に実施しているものです。今年は、高校2・3年生12名に学生支援員8名が活動をサポートしながら、社会福祉士の学びの内容や実習の楽しさ・難しさ等について伝えていきます。最終回には、ソーシャルワーカー(社会福祉士)として職場で活躍する卒業生を招き、直にその仕事と魅力を聞いてしまおう!と企画しています。

第1回目は、これから一緒に活動する仲間と知り合うレクリエーションをしたり、学生支援員から授業や社会福祉士の実習の様子などについてききイメージを膨らませました。

まずは、‘口パクや指で数字を作ったりして誕生日を確認し、誕生日順に並んでいく’というレクを通して、非言語的コミュニケーションと呼ばれる表情や身振り・手振り等にも着目することの大切さや、笑顔だけでも不安が減ることなどを体験的に理解しました。

次は、グループに分かれて、何でも質問コーナー!どんな授業をとっているの?それって難しいの?面白いの?実習って何するの?どんな人がいるの?辛かったことやうれしかったことはあった?忙しそうなのにバイトやサークルする時間があるの?等々、 高校生一人ひとりが、学生に積極的に質問していました。

      DSC06606 DSC06655

           バースデイラインを作ろう             すっかり仲良くなりました