2018.08.02

第1回・第2回オープンキャンパスを開催しました!

 人間発達学部子ども教育学科では、728日(土)・729日(日)に2018年度の第1回・第2回オープンキャンパスを開催しました。台風12号の影響で一時は開催が危ぶまれるほどでしたが、何とか無事に行うことができました。両日ともに大変多くの方々にご参加いただくことができ、特に2日目は子ども教育学科の一番大きな講義室が全て埋まるほどの盛況ぶりでした。本当にありがとうございました。

  両日ともに、まずは本学科の教育理念、取得可能な資格や免許、入学試験の概要といった面から学科紹介を行いました。

松田学部長による挨拶

松田学部長による挨拶

中村学科長による学科紹介

中村学科長による学科紹介

角野委員長による入試説明

角野委員長による入試説明

大変多くの方にお越しいただきました!

大変多くの方にお越しいただきました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その後は模擬授業として、大学で普段行われているような授業を実際に体験していただきました。

 1日目は、嶋田先生による「小学生がわくわくする英語の授業」が行われ、簡単な歌や踊りを交えながら、英語でのコミュニケーション活動のつくり方について学んでいただきました。

 2日目は、五十嵐先生による「発達障害の理解」が行われ、発達障害のある子どもをどのように理解し、どういった視点で支援を行っていくかに焦点を当てて、特別支援教育の入り口の部分を学んでいただきました。

「小学生がわくわくする英語の授業」

「小学生がわくわくする英語の授業」

「発達障害の理解」

「発達障害の理解」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして午前中の最後には、本学科の在学生による「健大トーク」が行われました。クイズ番組の設定のもとで、学生の目線から授業の様子や学生生活をご紹介し、高校生に向けて本学科の魅力をお伝えしました。全てのプログラムの中でも特に、この「健大トーク」は大変好評でした。

IMG_0222 IMG_0260

 

 

 

 

 

 

 

 

 午後には、教員との個別相談や多様な専門分野に基づくワークショップ、施設内を案内するキャンパスツアーなど、一対一のコミュニケーションを大切にした企画を様々にご用意し、お越しいただいた方とコミュニケーションを取らせていただきました。その様子の一部をぜひご覧ください。

みて、きいて、さわって感じる特別支援教育

みて、きいて、さわって感じる特別支援教育

教育遊具の今昔

教育遊具の今昔

英語で絵本を読んでみよう

英語で絵本を読んでみよう

小学校理科の実験を体験しよう!

小学校理科の実験を体験しよう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回のオープンキャンパスを通じて、人間発達学部子ども教育学科の魅力を少しでも感じていただけたようでしたら、うれしい限りです。

 次のオープンキャンパスは、818日(土)・819日(日)に開催されます。ぜひ一度足をお運びいただき、雰囲気を肌で感じていただきたいと思います。

 皆様のお越しを心よりお待ちしております!!