教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

博士課程

薬学研究科に4年以上在学し研究指導を受け、所定の授業科目を30単位以上修得し、博士論文の審査及び最終試験に合格すること、かつ、以下の能力を身につけていることが学位授与の要件である。

1. 臨床現場の薬剤師および科学者としての両方の目を持ち、優れた研究能力と高い問題解決能力を身につけている。

2. 薬剤師業務と医療に対する総合的な視野を持ち、後継薬剤師育成およびチーム医療の推進において指導的な役割を
  担うための適切な教育能力、全体像を総括的に把握できる能力を身につけている。


カリキュラム・ポリシー(CP)

博士課程

薬学研究科としては、臨床現場の薬剤師と科学者としての2つの着眼点を持ち優れた研究能力と高い問題解決能力を持つ薬剤師、ならびに次世代の薬剤師を育てられる人材という特徴を併せ持つ専門的職業人としての薬剤師を育成するために次に挙げる体系的な教育課程を実施する。

1. 臨床現場におけるニーズを適格に捉える能力を養成する「臨床薬学実習」、薬学研究の方法論や
  発展的医療統計法などの実例から科学的思考過程や実験・解析手段を学ぶ「応用研究実習」、多様な先端の
  薬学研究を知り、広い視野を持ち次世代を開拓する気概を育成し、関連する薬学・医療分野の基礎的素養を養成する
  「薬学セミナー」からなる共通科目を設置する。

2. 専門分野の知識を深めるとともに、そこで取り上げられる分野特有の問題点や解決方法を学ぶ専門科目を設置する。

3. 学位論文作成のための研究を行い、課題に応じて発生する様々なニーズ・問題発見に対して科学的思考による
  問題解決を応用実践して行く能力を育成する特別科目を設置する。

4. 教育課程の時系列にそって共通科目、専門科目、特別研究へと移行し、理論面から実践面へ、
  さらには多様な応用面へと進展させる系統的な構成で各科目を設置する。

薬学専攻カリキュラムポリシー