理学療法学専攻

 理学療法学専攻は、臨床理学療法学と地域理学療法学の2領域に分かれています。学生は、選択した各領域に分かれて専門科目を学ぶことになりますが、すべての学生が分野や領域を超えて、保健医療統計特論・チーム医療特論・チーム医療アプローチ特別演習を必修科目として学びます。また、理学療法学分野の2つの領域間にも7つの共通科目を設定して幅広く学ぶことができます。
 臨床理学療法学領域では、臨床における問題をより深く考え、正しい臨床判断を行うために臨床思考過程の成熟を図る必要があり、それに対応できるよう臨床推論能力を高める教育を行います。また、対象者の個別性に関する評価や動作や生活を阻害する因子の抽出に資する評価などの新たな視点での評価指標の開発や治療法の開発及びそのエビデンスの構築についての教育・研究指導を行います。
 地域理学療法学領域では、新しい医療・介護の仕組みに対応しながら、近隣地域の行政とも共同作業していくような活動を推進していく予定です。地域リハビリテーションという広い視点とその中での地域理学療法といった構造が常に意識できるように科目立てし、広い視野をもった地域理学療法サービスを行える基盤を作るために教育・指導を行います。また、それらの学びを通して新しい医療・介護の仕組みの中でどのようなシステムを作ることが国民の利益になるのか、効果的なサービスは何か、考え行動する土台を築くための教育・研究指導を行います。

専攻長:居村茂幸(内部障害系理学療法学・中枢神経系理学療法学/博士(体育学))


専攻 課程 学位
理学療法学 修士課程 修士(理学療法学)

担当教員と教育研究分野

分野 領域 担当教員 主な研究内容
理学療法学 臨床理学療法学 居村茂幸 教授 1.呼吸器障害を中心にした内部障害系理学療法学に関する研究
2.脳卒中による障害を中心にした中枢神経系理学療法学に関する研究 (ロボット工学等を含む)
小林勉 教授 1.野球選手肩肘障害の予防に関する研究
2.超音波エラストグラフィーを用いた運動器障害の評価
竹内伸行 教授 1.物理的刺激に対する生体反応に関する研究
2.筋緊張の病態解析およびその評価に関する研究
3.理学療法分野の安全管理に関する研究
樋口大輔 准教授 1.運動器系疾患を持つ人々の障害構造の解明ならびにQOL(生活の質)の向上に資する研究
2.慢性疼痛をもつ人々に対する理学療法のあり方を追求する研究
千木良佑介 講師 1.内部障害系理学療法全般に関する研究
・運動中の呼吸循環応答について
・リスク管理を中心とした超急性期での理学療法
・腎疾患患者の血液透析中の理学療法
・様々な内・外的要因が筋発揮や筋持久力に与える影響
生方瞳 講師 1.超音波画像診断装置を用いた基礎的研究
2.腹圧性尿失禁に対する評価とトレーニング方法の開発に関する研究
地域理学療法学 田中聡一 教授 1.認知症高齢者に対する地域リハビリテーションと地域作りに関する研究
2.神経難病患者に対する薬物療法とリハビリテーションの併用効果に関する研究
3.入院患者の在宅復帰に寄与する日常生活動作および認知機能に対するリハビリテーションに関する研究
中川和昌 准教授 1.運動器・スポーツ傷害を対象とした予防に関する研究
2.地域住民の体力向上に関する研究
3.理学療法学および医学・保健学教育に関する研究