研究科長メッセージ

研究長

 超高齢化が急速に進む地域社会において保健・医療・介護に対するニーズは増大・多様化し、急性期医療から在宅まで看護師および理学療法士等の医療専門職の業務と役割はますます大きくなってきております。そこで社会のニーズに応えられる高度実践能力を備えた看護師、助産師および理学療法士等の高度医療専門職者の育成と基盤を支える教育・研究者の育成が求められております。
 このたび本学保健医療学研究科に看護学専攻修士課程に加え理学療法学専攻修士課程が新たに開設されることとなりました。
 現場で働く看護師、助産師や理学療法士の皆さんは誰しも、自分の知識や技術では解決できない課題や問題に直面し、悩んだり専門職としてどのようにキャリアアップをしたらよいのかと考えたりした経験をお持ちのことと思います。
 こうした課題や問題を解決する一つの方法が大学院で学ぶことです。大学院での学びは、既存の知識や技術では解決できない課題や問題について深く掘り下げ研究し、看護学、助産学や理学療法学の知を創造し、高度実践専門職者や教育・研究者としての一歩を踏み出すことにつながります。
 専門職として仕事への熱い思いを原動力に、一人でも多くの仲間が大学院に進学されることを期待しています。

保健医療学研究科長(教授/医学博士)