保健福祉学専攻 入試概要

名称 修業年限 入学定員 学位
保健福祉学専攻 2年 3名 修士(保健福祉学)
3年 3名 博士(保健福祉学)

入学者受け入れ方針

保健福祉学専攻博士前期課程

本課程では、保健・医療の専門職と連携して保健福祉援助を実践するために必要な高度な知識・技能や行政的な企画運営能力を持つ保健福祉分野における高度専門職、およびこの分野の人材育成と保健福祉に関する研究を担う教育・研究者の養成を目指しています。したがって、本課程では、保健または福祉に関する基礎的知識と技能を持って、さらに高度な対人援助技術を修得するとともに保健福祉援助の方策に関する研究を行うことのできる意欲と能力のある学生、または社会人の入学を期待しています。

保健福祉学専攻博士後期課程

本課程では、健康・医療・福祉に関する先端的研究や情報技術開発研究を自立して行うとともにそれらの分野の人材育成を担当する教育・研究者、および研究成果を地域社会の保健福祉の改善に生かすための実践的応用能力を持つ人材の養成を目指しています。具体的には、保健福祉に関わる地域のニーズを把握して、必要な方策を提案できる高度専門職、保健福祉の理論と実践に基づき、多岐にわたる情報管理や新しい情報システムの構築を担う専門的人材、および新たな対人援助の方法を開発する教育・研究者などの養成に取り組んでいます。したがって、本課程では、健康・医療・福祉分野で、専門職の指導者、あるいは教育・研究者を目指す意欲と能力を持つ学生、または社会人の入学を期待しています。

募集要項はこちら(PDF)