食品栄養学専攻 入試概要

名称 修業年限 入学定員 学位
食品栄養学専攻 2年 4名 修士(食品栄養学)
3年 2名 博士(食品栄養学)

入学者受け入れ方針

食品栄養学専攻博士前期課程

食品栄養学専攻においては、生活習慣病の一次予防に関わるバイオサイエンス・バイオテクノロジー等の先端科学に基づく食品研究を行う研究者や、食を通して人間の健康保持や生活習慣病の予防に貢献できる高度な専門知識と実践力をもった人材の育成を目指しています。
したがって、本専攻では健康、栄養、食品分野の基礎知識と技術をもち、高度の専門知識の学習と研究を行うことができる能力と意欲のある学生を望みます。

食品栄養学専攻博士後期課程

食品栄養学専攻では、行政機関や民間機関の研究機関等において食品機能の開発、食の安全確保、食を通じての健康保持・増進や疾病予防などの基礎的、応用的な研究開発および企画運営を指導できる高度の研究者、地域において高度の研究能力と豊かな学識を持って、健康増進および食育活動等に携わる関係専門職を指導し、企画運営にあたるコーディネーター、保健・医療・福祉などの分野で対象者に適切な助言、指導ができ、研究能力をも有する高度の栄養専門家ならびに管理栄養士、食品関連研究者等の専門職の教育を担当できる研究指導者の養成に取り組みます。
したがって本専攻では、食品または栄養に関する研究者、専門職の指導者あるいは高度専門職を目指す意欲と能力のある学生を待っています。

募集要項はこちら(PDF)