薬学科
薬学科
Prev
Next

薬学科Q&A

Q&A

薬学部には6年制と4年制がありますが、修業年限の他に何が違いますか?

共用試験や実務実習とは何ですか?

共用試験について教えてください。

OSCE(オスキー)について教えてください。

CBT(シー・ビー・ティ)について教えてください。

実務実習はどこで行いますか?

5・6年次の2年間で、実務実習以外の時間は何をしていますか?

卒業研究とはどのようなものですか?

薬学部卒業後の就職先は薬剤師だけですか?

薬剤師国家試験に合格できるでしょうか

薬学部に入学するために、特に何を勉強しておけばよいでしょうか?

薬学部ではどのような科目を学びますか?

薬学部の一年間の予定を教えてください。

薬学部を受験するにあたって質問したいことがあるのですが・・・

薬学部には6年制と4年制がありますが、修業年限の他に何が違いますか?

6年制の薬学部を卒業すると薬剤師国家試験の受験資格を得ることが出来ます。(4年制薬学部卒業の場合、薬剤師国家試験の受験資格を得るためにはさらに必要な単位を取得し、実習を行わなければなりません) また、6年制では共用試験に合格した後、5年次に実務実習を行います。 薬学部では、原則として日本薬学会が制定している薬学教育モデル・コアカリキュラムに沿って教育が行われることになっていますので、4年次までのカリキュラムは6年制と4年制の間に大きな違いはありません。

共用試験や実務実習とは何ですか?

薬剤師としての基本的な技術を身につけるための実習が実務実習で、5年次に病院及び薬局でそれぞれ2.5ヶ月ずつ、計5ヶ月間の実習を行います。 実務実習では、病院、薬局などの医療機関で実際に患者さんに対して使用される薬剤の調剤や、患者さんが服用する薬剤についての服薬指導などを行うので、事前に十分な知識を身につけておく必要があります。その知識や技能が一定水準以上であることを確認するための試験が共用試験です。共用試験に合格しなければ実務実習に出ることは出来ません。

共用試験について教えてください。

4年次の後期に共用試験を実施します。共用試験は『知識領域における試験』(CBT:Computer-based testing,シー・ビー・ティ)と『技能・態度を評価する客観的臨床能力試験』(OSCE:Objective Structured Clinical Examination,オスキー)です。

OSCE(オスキー)について教えてください。

OSCEは技能と態度を評価する実技試験であり、5つの領域から6つの課題が出題されます。すなわち、領域(課題数)は「1.患者・来局者応対(1課題)」「2.薬剤の調製(2課題)」「3.調剤鑑査(1課題)」「4.無菌操作の実践(1課題)」及び「5.情報の提供(1課題)」です。これらは、4年次の実務事前学習及び模擬薬局実習等で学びます。

CBT(シー・ビー・ティ)について教えてください。

OSCEは薬学科の4年生までに学んだ基本的な知識の到達度を評価する試験で、すべての分野の五者択一式の正誤問題をPC上で解いていきます。受験生毎に出題される問題は異なりますが、問題の難易度は受験生間で差が出ないような仕組みになっています。

実務実習はどこで行いますか?

実務実習の実習先は、実習先を調整する機関である(関東地区)調整機構によって決められますが、本学としては全学生が群馬県内及び近隣の県にある病院・薬局で実習を受けられるように努力しています。

5・6年次の2年間で、実務実習以外の時間は何をしていますか?

薬学部は薬剤師養成のためだけの教育を行っているのではありません。卒業するためには他の学部と同じように、研究や論文調査をして卒業論文を提出しなければなりません。実務実習以外の期間は、このための研究(卒業研究)や、6年次後半では薬剤師国家試験に向けての特別講義や演習に充てられます。

高崎健康福祉大学薬学部では、卒業時に新形式の薬剤師国家試験に対応できる知識と応用力を身につけられるよう、5~6年次にかけて各種プログラムを実施しています。また、少人数教育の長所を生かした個別相談、及び、特別指導も行なっています。結果、平成25年3月2日~3日に実施の第98回薬剤師国家試験では94.7%の新卒合格率を達成いたしました。 既卒生を含めた合格率でも、88.0%を達成することができました。(6年制薬学部全国平均86.3%)

卒業研究とはどのようなものですか?

卒業研究(実習)では、学生各々の興味や希望に沿った研究室に配属され、そこで与えられたテーマに関して研究を行います。研究の結果得られた新たな知見を卒業論文にまとめます。卒業研究では、与えられたテーマ(問題)に対してどのようなアプローチをして解決していくか、という能力が問われます。ここで培われる問題解決能力は、薬剤師のみならず社会に出て働く上で極めて有用なものとなるでしょう。

薬学部卒業後の就職先は薬剤師だけですか?

薬学部卒業生の就職先は薬剤師だけではありません。平成18年のデータですが、薬学部を卒業した学生(当時は4年制のみ)のうち、薬剤師として就職したのは全卒業生の40%程度です。それ以外の卒業生は、大学院への進学がおよそ30%、製薬会社を初めとする一般企業などへの就職がおよそ10%となっています。一方、6年制薬学部の卒業生は、薬剤師として就職する比率は75%以上、製薬企業への就職や大学院への進学は大きく減少しましたが、今後の動きは変化してくる可能性もあります。

薬剤師国家試験に合格できるでしょうか?

平成24年3月の第97回薬剤師国家試験より6年制薬学部に対応した新形式の試験が実施されていますが、これまでの4年制薬学部卒業生を対象としたものと比べて、問題数が240問から345問に増大しており、また、科目または試験区分ごとに得点しなければならないボーダーラインが設定されていることから、試験自体の難易度は上昇していると考えられます。

薬学部に入学するために、特に何を勉強しておけばよいでしょうか?

大学にはいると全く新しい学問(教科)もありますが、高校で習った教科の延長線上にある学問もあります。どのような学問でも、基礎がしっかりと出来ていれば応用は可能です。薬学部では特に化学の知識が重要ですが、これは高校の化学の延長線上にあるので、高校の化学を十分に習得しておくと良いでしょう。また、新しい知識を得るために、大学では英語の論文も読まなければなりません。英語力も身につけておくと良いでしょう。

薬学部ではどのような科目を学びますか?

薬学部ではくすりに関する様々な内容の講義がありますが、1年次では、くすりに関する専門的な講義を十分に理解するために必要となる基礎的な科目と、人間としての素養を深めるための教養科目を履修します。2年次以降はくすりに関する多くの専門科目や、講義で学んだ内容を自分たちの目で確かめるためにいろいろな種類の実習を行います。詳しくはこちら (PDF 1,484KB)をご覧下さい。

薬学部の一年間の予定を教えてください。

薬学部では、通常の講義や実習の他に、早期体験学習として医薬品の研究所や病院薬剤部への見学も行っています。また本学は群馬県で唯一の薬学部であり、地元の薬剤師の方々の卒後研修として「生涯研修セミナー」を県薬剤師会・県病院薬剤師会と連携して年二回開催しています。これらのセミナーは学生も参加可能で、実際に現場で働いている薬剤師の方々の声を間近に聞くことが出来ます。詳しくは「こちら (PDF 1,434KB)」をご覧下さい。

薬学部を受験するにあたって質問したいことがあるのですが・・・

入試に関することはこちらへお問い合わせ下さい。薬学部の施設見学希望や、薬学部の内容についてのご質問は、以下の「問い合わせ先」まで電話またはメールをいただければ随時対応いたします。(迷惑メールを避けるため、直接リンクにはなっていません。)