薬学科
薬学科
Prev
Next

授業紹介

多彩な実験・演習・実習

基礎化学実習

薬学の講義で学んだ課題は、自らが手を動かして(実習)を行い、その経過や結果について考察することにより、実践可能な知識として身につきます。実習はすべて必修科目で2年次から行いますが、基礎化学実習はその中で一番初めに開講される科目です。実習を行うに当たっての心構えから始まり、薬学の基本である有機化合物の反応や性質、化学実験機器の扱い方など、すべての実習の基礎となる知識や技術を修得します。

卒業実習(研究)

薬剤師に求められる能力は、実務能力や知識だけではありません。臨床現場で出現する様々な問題を如何にして解決するか。この「問題解決能力」こそが、現場の薬剤師に求められる能力です。問題解決能力は日々の研鑽を通して身に付くものですが、5・6年次では卒業実習を通してこの能力を養っていきます。卒業実習では、学生の希望に添った研究グループに配属され、与えられた研究テーマに対する新しい研究成果を卒業までにまとめ、卒業論文として提出します。

実務実習

薬剤師として社会で活躍するには、医薬品やその取り扱い方についての十分な知識、医薬品についての情報を収集する能力の他に、医療スタッフや患者さんとのコミュニケーション能力も必要となります。この技術を修得するために、5年次では臨床現場(病院薬剤部や保険薬局)で薬剤師実務についての実習を行います。実務実習を受けるためには、事前に全国共通の共用試験(4年次後期に実施、必要最低限の知識と実技の修得を確認するための試験)に合格しなければなりませんが、学内の模擬薬局やコンピューターシステムを使って十分な訓練の後に試験に臨みます。

主な授業紹介

基礎教養ゼミ

薬学生として大学生活を始めるにあたって、大学での学習方法、医療人としての心構え、薬剤師の仕事などを学びます。講義はオムニバス形式で行われ、実際に社会で活躍している薬剤師さんや、薬や病気について学内で研究をしている教員が交替で担当します。

薬理学I~III

「薬が効く」とはどういうことかを認識し、薬物の体内動態と薬理作用の機序を学びます。始めに多くの薬の作用点となっている、細胞表面の受容体と細胞内情報伝達について、基本的な知識を学びます。つぎに、様々な疾患の治療に用いられる薬と、その作用機序について学習します。

東洋医薬化学

現在、漢方はほとんどの病院で漢方製剤として取り扱われ、相談薬局での主流医薬品となり、薬剤師として持つべき知識として社会の要求度が急増しています。医療薬学の領域から概説し、代表的な医療用漢方処方について薬効評価を基本知識として修得することを目標として、学習します。

医薬品情報学

医薬品に関する様々な情報を有効に利用し、他の医療従事者や患者さんに正しく伝えることは、薬剤師の重要な任務の一つです。この科目では、医薬品に関する様々な情報の種類を学び、その管理・利用方法について学習します。

テーラーメイド医療学

薬に対する感受性には大きな個人差があることが知られています。この科目では、薬の体内での動態や作用発現において個人差が生じる様々な要因について学習し、個々の患者に応じた薬物治療を立案できることを目標とします。

疾病論

実際の医療の現場では、患者さんの自覚症状、臨床所見、既往症、生活習慣などを統合的に考えて、それぞれの場面で最良の治療法を選択する必要があります。この科目では、いくつかの疾患の症例について、診断、鑑別診断、治療方針に関する実践的な考え方を演習形式で学びます。