理学療法学科
理学療法学科
理学療法学科
Prev
Next

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

理学療法学科では、自利利他の精神に則った教養と保健・医療に関する専門知識・技能を身につけられるように編成された本学の課程を修め、必修科目を含めた所定の単位を修得し、次のような能力・資質を備えた人物に学位を授与する。

(1)豊かな人間性と倫理観
幅広い視野の教養を身につけることにより、人間の生命や尊厳、権利を尊重することができるとともに、誠実に関わることで他者からの信頼を得ることができる。
(2)専門的知識・技術の活用力
これまでに身につけた理学療法の専門的な知識・技能・態度を臨床や地域リハビリテーションなどの場面において必要に応じて活用することができるとともに、新たな知識や技術を生み出すことができる。
(3)論理的思考力
理学療法士として、対象者をあらゆる角度から捉え、対象者の生活上の問題や健康に関わる問題について把握し、それぞれの問題に対して適切に判断・行動しながら解決することができる。
(4)チームへの貢献力
生活および健康に問題を抱えた人々を支援するチームの一員としての自覚をもち、チームを組むその他の専門職と協調・協働することができるとともに、理学療法士ならではの観点から発言したり行動したりすることができる。
(5)生涯学習力
日本のみならず国際社会において理学療法はどのように貢献していくべきかを常に考え、または、自ら理想とする理学療法士になれることを目指して、自発的に向上心をもちながら生涯にわたって学習を継続することができる。

カリキュラム・ポリシー(CP)

Ⅰ 教育内容
理学療法学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、共通・専門教養科目および専門基礎科目群、専門科目群を体系的に編成し、講義、実習、演習を適切に組み合わせた授業を開講する。カリキュラムの体系を示すために、科目のナンバリングと、カリキュラムマップをガイダンスなどで提示・説明する。

(1)共通・専門教養科目は、人間の本質や存在について考え、その尊厳および権利を尊重し、倫理的判断のできるようになること目的に設定されている。「教養基礎」、「人間理解」、「リテラシー」の3つのコア概念で構成し、導入教育を行う。
(2)理学療法専門基礎科目群は、理学療法学の知識と技術を修得するための基盤となる幅広い基礎的な知識を身につけることを目的に設定されている。「人体の構造と機能及び心身の発達」、「疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進」、「保健医療福祉とリハビリテーションの理念」の3つの柱で構成する。
(3)理学療法専門科目群は、理学療法の専門性および理学療法学の知識と技術を修得することを目的に設定されている。「運動」、「動作」、「生活」を科学するということを理念として、基礎理学療法学、理学療法評価学、理学療法治療学、地域理学療法学を配置する。また、毎年時に臨床実習、3年次および4年次に卒業研究を配置する。段階的に実践力を身につけられるように科目を序列化して専門教育を行う。

Ⅱ 教育評価
理学療法学科では、学修の達成状況を評価するためにGPA(grade point average)を用いるとともに、進級要件および卒業要件を定め、理学療法学科が求める各年次における最低限の学修成果を示す。また、別途基本的な臨床技能を評価するために客観的臨床技能試験(OSCE)を実施する。

(1)半期毎にGPAを算出し、一定水準の学修が行われたかどうかを判断材料する。
(2)進級要件は以下の通りである。
2年次進級要件:1年次に設定されている必修科目が3科目以上未修得になっていないこと。かつ、理学療法早期体験実習が未修得になっていないこと。
3年次進級要件:1・2年次に設定されている必修科目が2科目以上未修得になっていないこと。かつ、機能・能力診断学臨床実習が未修得になっていないこと。
4年次進級要件:1~3年次に設定されている必修科目が2科目以上未修得になっていないこと。かつ、機能・能力診断学臨床実習が未修得になっておらず、卒業研究計画書が未提出となっていないこと。
(3)卒業要件は以下の通りである。
125単位以上の単位取得と必修等の条件を充たすこと。
(4)2年次にPre-OSCE、3年次にOSCE、4年次にAdvanced OSCEを実施する。

アドミッションポリシー(AP)

理学療法学科では人類愛・生命倫理の精神に基づき、チーム医療を担う理学療法士として活躍できる質の高いリハビリテーション専門職者の育成を目指している。
そのため、人間の健康と生活のあらゆる面に対して関心を持ち、科学的知識や論理的思考に裏付けられた高度な専門的知識・技術を修得し、主体的・創造的に取り組める人を受け入れる。また、異文化の人々と相互に理解しあいながら、積極的に国際社会に貢献しようとする以下のような人を受け入れる。
(1)医療および社会貢献への関心が高く、豊かな人間愛と責任感・倫理観を持ち、理学療法に携わる者としての意識が高く、理学療法士になる意欲が強い。
(2)高等学校の教育課程を幅広く修得し、生命の形態・機能の学修に必要となる生物や物理についての基礎的学力を備え、生涯学習に向けて向上心や忍耐力を持って学修を継続できる。
(3)論理的思考力の基となる数学の基礎的学力を身につけ、筋道を立てて考え、判断ができる。
(4)国語や英語の読む・書くなどの力を基に、誰とでも積極的にコミュニケーションがとれ、他者と協働して学修に取り組むことができる。
(5)健康に興味を持ち、自ら健康管理を実践すると同時に、国内外の保健医療に関するさまざまな問題に幅広く興味・関心を持ち、国際的視野で考えることができる。