看護学科
看護学科
Prev
Next

授業紹介

多彩な実験・演習・実習

基礎看護実習II

基礎看護学実習IIは、2年次に行う病院実習を含めた3週間の実習です。看護学生として初めて入院患者さまを受け持ち、コミュニケーションや日常生活援助などの看護ケアを実践します。学生は、緊張と不安の中で実習を開始しますが、患者さまやご家族との関わりを通して、病いの体験を理解し、必要な看護を看護学生として精一杯取り組むことで、看護者として成長し、同時に今後に向けた課題を見出して行きます。患者さまやご家族からの「ありがとう」が看護学生としての自信につながります。

成人看護学実習I・II

成人期にあり健康問題がある対象についてQuality of Lifeの向上をめざし看護を学習します。実習Iでは急性期および回復過程にあり健康問題のある対象の看護、実習IIでは慢性期および終末期にある対象の看護を学びます。そして実習I・IIともに臨地実習での経験と学内実習により、既習の知識や技術の活用と看護者としての態度の習得をめざします。

母性看護学実習

母性看護学実習は、母性看護学方法論Ⅰ・Ⅱなどの講義での学習を基に、3年次に実習を行います。実習では、産科外来で妊婦の看護を学び、陣痛分娩室では分娩に立ち会わせていただいて産婦の看護を学びます。また、分娩後の母親や新生児の看護も学びます。実習を通して、学生たちは、親になる過程、妊娠や出産の神秘性、新生児の愛おしさなど、多くのことを感じながら、貴重な経験を積むことができます。

小児看護学実習

小児看護学実習は、保育園と病院で実習を行います。保育園での実習では、様々な発達段階のお子さんと生活を共にし、健康な子どもの成長・発達の特徴とその支援を学習します。病院での実習では、病気を抱え入院を必要とするお子さんを受け持ち、お子さんとご家族への看護実践を通して小児看護の役割・機能を学習します。看護学生という学習者であっても、看護実践者であるという自覚をもち、子どもの権利を尊重して支援することを大切に、実習を行っています。

老年看護学実習

老年看護学実習は、3週間の中で病院・施設での臨地実習と学内実習を行います。臨地実習では、高齢者の特性を理解し、看護の実践につなげていきます。学内実習では、高齢者観や高齢者看護観を考察し、これからの看護を想像していく姿勢や力を身につけていくことを目指します。

在宅看護論実習

在宅看護論実習は、統合分野に位置付けられ、3年次に行う2週間の訪問看護ステーション実習です。地域で生活しながら療養する人々とその家族を理解し、在宅という環境の場で看護を提供する方法を習得します。また、保健医療福祉を中心とした多職種との連携・協働を通して、総合的実践能力を養うための実習を目指します。

精神看護学実習

精神看護学実習は、精神看護学方法論Ⅰ・Ⅱなどを学んだあと、3年次に行います。病院では一人の患者様を受け持たせていただき、全体像を把握し、病棟の看護計画に沿って自らの看護を実践します。また、社会福祉施設での実習も行います。社会福祉施設では利用者さんの活動に参加しながら、地域で暮らすことの意義について考えてもらいます。
最初は緊張や不安がありますが、比較的楽しそうに実習を行っています。

公衆衛生看護学実習

3年次における地域ケアシステム実習は、介護施設、介護支援事業所、有料老人ホームなどを実習施設とし、地域で生活、療養している住民や家族の健康課題を包括的に捉えながら人々を支えるシステムを学びます。
保健師課程選択者は3年次後期から実習が始まります。公衆衛生看護学実習Ⅰでは、大学周辺の公民館において高齢者を対象にした「健康教育」を実施します。4年次前期の公衆衛生看護学実習Ⅱでは、保健所や市町村において保健師指導のもと、健康診査、家庭訪問、健康教育等の活動にも参加し、公衆衛生看護学の知識・技術を習得します。

養護実習

養護教諭1種の免許を取得したい人は、4年次に養護実習を行います!
健康観察や健康診断、保健室来室者の健康相談活動や保健の授業を実践しながら児童生徒の理解を深め、養護教諭に必要な知識・技術、態度、実践力を身につけていきます。養護実習は、子どもたちと一緒に過ごすことの幸せを感じる3週間、養護教諭の職務の広さと責任の重さを感じる3週間です。子どもたちや先生方に頼りにされる養護教諭の育成を目指しています。

主な授業紹介

基礎看護技術I・II

基礎看護技術I・II

看護実践を展開する上で基本となる技術を習得する演習を中心とした科目です。Ⅰ(1年次後期)では、日常生活援助に関する看護技術(清潔・排泄・移動・食事など)を学びます。Ⅱ(2年次前期)では、病気の診断や治療・処置に関連した看護技術(バイタルサイン測定・感染予防・与薬・呼吸管理など)を学びます。学生は患者役・看護師役になって、あるいはモデル教材を使用して技術を習得します。

人間関係形成論

人間関係援助論

人は一人では生きられません。他者と何らかの形で関わりながら、その中でつまづき、そして成長していきます。特に対人援助職である看護師を目指す学生にとって、患者さんと円滑な人間関係を作る力、集団の中で自己表現していく力は不可欠です。この授業では、体験学習を通して気づいたことを大切にしながら、人間関係とは何かを知り、自己理解・他者理解を深めていきます。さらに、人間関係における相互理解の方法や、グループでの人間関係作りの方法を学習していきます。