医療情報学科
医療情報学科
Prev
Next

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

医療情報学科では、本学の課程を修め、必修科目を含めた所定の単位を取得した上で、自利利他の精神に則った教養を身につけ、次のような能力・資質を備えた人物に学位を授与する。
(1)豊かな人間性と幅広い教養
社会人としての自利利他の精神に基づく豊かな人間性と幅広い教養を身につけ、実社会で活躍するための自己管理能力と倫理観を身につけている。
(2)健康・医療および情報に関する知識・技能
健康・医療に関する専門的知識および先端的情報技術に関する専門的な知識とスキルを修得し、その健全な活用により健康・医療分野を中心とした社会の情報化に貢献するための能力を身につけている。
(3)問題解決力
健康・医療および情報分野に関わる現代社会の諸問題を発見、分析し、その解決法を提案する能力を身につけている。
(4)コミュニケーションスキル
健康・医療および情報分野で活躍するために必要な、論理的思考法とコミュニケーション能力を身につけている。
(5)生涯学習力
健康・医療および情報分野に関する専門知識を継続して学習する態度を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

Ⅰ 教育内容
医療情報学科では、卒業認定・学位授与方針に掲げた目標を達成するために、共通教養科目、専門教育科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講する。カリキュラムの体系を示すために、科目間の関連を示したカリキュラムマップを作成し、カリキュラムの構造を分かり易く明示する。
(1)基礎的な教養や豊かな感受性を培い、より深く人間を理解する能力と国際性を養うために、「共通教養科目」「専門教養科目」「専門導入科目」を設置する。
(2)健康・医療と情報に関する専門的知識を理解するために「専門基幹科目」を設置する。
(3)健康・医療と情報に関する、分析力と問題解決力を養うために「専門展開科目」を設置する。
(4)健康・医療に関する高度な専門的知識と情報に関する先端的な技術を基に論理的思考力を培うために、「応用展開科目」を設置する。
(5)実践的な応用を通じて健康・医療と情報の理解をさらに深め、継続的学修態度を養うために、「応用展開科目」と「卒業研究」を設置する。

Ⅱ 教育評価
医療情報学科では、学修の達成状況を評価し進級の可否を判断するため、進級要件を設けている。さらに、卒業認定・学位授与に当たり以下に示す卒業要件に基づき、その可否判定を行う。
(1)進級要件
3年次への進級要件:必修4科目以上の単位を未修得の場合には進級を認めない。
4年次への進級要件:必修2科目以上の単位を未修得の場合、または卒業に必要な選択科目に対して4科目以上の単位を未修得の場合には進級を認めない。
(2)卒業要件
必修等の条件を満たしたうえで、124単位の単位取得が卒業を認める条件である。

アドミッションポリシー(AP)

医療情報学科では、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)に定める教育を受けるために必要な,次に掲げる知識・技能や能力,目的意識・意欲を備えた人を求める。
(1)健康・医療および情報の学修に必要となる高等学校レベルの基礎学力を持っている。
(2)人の健康と情報に関心を持っている。
(3)探究心を持って創造的に物事を考えることができる。
(4)積極的に人と交わるコミュニケーション能力を持っている。
(5)持久力を持ち粘り強く課題解決に取り組むことができる。