社会福祉学科
社会福祉学科
Prev
Next

資格ガイド

卒業と同時に取得可能な資格

社会福祉士国家試験受験資格
地域の相談機関や社会福祉施設などで、社会福祉に関わる相談に対応し、助言、指導、援助を行う専門職です。所定の科目を修め、本学科を卒業すると、受験資格が取得できます。国家試験に合格すると厚生労働大臣より資格が与えられます。
精神保健福祉士国家試験受験資格
精神障害者の社会復帰に関する相談や障害者への自立支援に関する市町村等の地域生活支援事業の相談員として活躍する専門職です。所定の科目を修め、本学科を卒業すると、受験資格が取得できます。国家試験に合格すると厚生労働大臣より資格が与えられます。
※実習施設の状況により、人数を制限することもあります
介護福祉士国家試験受験資格
身体または精神上の障害により日常生活に支障がある利用者の心身の状況に応じた介護を行うことや、本人や介護者に対して介護に関する助言や指導を行う専門職です。所定の科目を修め、国家試験に合格すると厚生労働大臣より資格が与えられます。
司書
司書は図書館の専門業務に必要な資格です。公共図書館、大学図書館、企業や研究所の図書室等様々な活躍の場があります。所定の科目を修めることで、卒業と同時に取得ができます。
 
 

在学時に取得可能な資格

福祉レクリエーション・ワーカー
福祉系施設等において、利用者ひとり一人の自己実現、生活の質の向上・介護予防を目的としたレクリエーションを行う専門家です。地域や施設での活躍の幅が広がります。所定の科目を修めることで、3年次より取得が可能です。所定の科目を修め、試験に合格し、登録申請することで取得ができます。
初級障がい者スポーツ指導員
障がい者スポーツの振興にあたる指導者。障がい者の適性に応じたスポーツ・レクリエーションを通じて、健康の維持・増進と競技力の向上に寄与することができます。所定の科目を修め、登録申請することで取得ができます。

卒業後、職務に就いた際に取得可能な資格

社会福祉主事
公務員として、生活保護法などで定める援護・育成または厚生の措置に関する事務を行います。社会福祉施設などで基礎的な資格として準用。福祉全般の広い知識が求められる資格です。
児童指導員
児童養護施設、障害児施設などで生活する子どもたちの援助・育成・指導を行います。
児童福祉司(要実務経験)
公務員として、児童相談所で悩みを持つ子どもやその親から相談を受け、学校や関係諸機関と連携しながら自分たちで問題を解決していけるよう援助・指導を行います。
身体障害者福祉司
公務員として、福祉事務所や身体障害者更生相談所で、身体に障害を持つ方やその家族から相談を受け、リハビリテーションや社会復帰に関する指導を行います。
知的障害者福祉司
公務員として、福祉事務所や知的障害更生相談所で、知的障害者に関する日常生活、就職、施設入所などの相談・指導を行います。