健康栄養学科
健康栄養学科
Prev
Next

健康栄養学科Q&A

Q&A

管理栄養士と栄養士の違いは何ですか?

入学後,化学・生物はどのくらい必要ですか?

管理栄養士の合格率を教えてください。

管理栄養士の就職先は具体的にどこですか?

管理栄養士国家試験の試験科目は何ですか?

大学院に進学する必要性はどこにあるのでしょうか?
将来、大学院に進みたいのですが可能ですか?

病院栄養士になりたいのですが、どんな勉強をすればよいですか?

スポーツ選手の栄養学に興味があります。
将来、スポーツ栄養の分野に進むにはどのようにしたらよいですか?

栄養教諭になりたいのですが、どうすればなれますか?

メタボリックシンドロームと管理栄養士の関わりについて教えてください。

食品衛生監視員・食品衛生管理者とは何ですか?

どうすれば食品衛生監視員・食品衛生管理者になれますか?

フードスペシャリストとは何ですか?

フードスペシャリストの資格取得をしての就職先はどこですか?

管理栄養士と栄養士の違いは何ですか?

両方とも栄養士法に裏付けされた免許ですが、栄養士は、厚生大臣の指定した栄養士養成施設で、2年以上、必要な知識や技能を修得した者に対して、都道府県知事が栄養士免許を交付します。管理栄養士は、管理栄養士国家試験に合格した者に対して、厚生労働大臣が、管理栄養士免許を交付します。国家試験受験の方法は、2通りあります。一つは、卒業と同時に栄養士の免許を得てから、1年以上の栄養士の実務経験を経てから、国家試験を受ける場合と、4年制大学の管理栄養士養成施設を卒業して、そのまま国家試験を受ける場合です。どちらの場合も、栄養士免許を持った者が国家試験に合格することにより、更にその上の管理栄養士という免許を得られるのです。
栄養士も、管理栄養士も栄養の指導に従事するのですが、そのなかで、より高度な専門知識や技術を必要とする (1) 傷病者の療養の為に必要な栄養指導、 (2) 個人の健康保持増進の為の栄養指導、 (3) 給食のうち、特別な配慮を必要とする給食の管理や指導、が管理栄養士の分野です。これを、もっと具体的に言うと、病院での患者さんの病態に応じた栄養指導や治療食、市町村での地域社会、住民への栄養指導、県での栄養行政、また、給食施設のなかでも特別な配慮が必要になる、例えば老人福祉施設等や、食数の多い給食などは、管理栄養士の分野です。栄養士は、給食施設での給食管理、一般的な健康人を対象とした栄養指導、食品会社での食品開発等が、栄養士の仕事の分野になってゆくでしょう。

入学後,化学・生物はどのくらい必要ですか?

栄養について学ぶということは,単に料理が上手になるとか,カロリー計算ができて栄養指導できるようになるということではなく,ヒトの体や栄養・食品の科学を学ぶことと同じです。大学は専門教育をうける場ですので,化学・生物は栄養学・食品学を学ぶ上で基礎となる学問でありとても重要になります。入学してからも化学と生物の基礎を学ぶ講義はありますが、高校で少なくとも化学・生物の内容を十分理解していた方が入学後の授業がわかりやすい(期末もしくは国家試験も通りやすい)と思います。高校で履修できなかった人は参考書などで自習しておくことをお勧めします。

管理栄養士の合格率を教えてください。

管理栄養士の国家試験は、毎年3月の下旬に実施されます。出題数は200問で、合格基準は正答率60%以上です。
平成25年3月17日(日)に実施された第27回管理栄養士国家試験の結果は、受験者20,455人、合格者7,885人、合格率38.5%でした。近年の合格状況と本学の合格率は以下のとおりです。

第19回
(平成17年)
第20回
(平成18年)
第21回
(平成19年)
第22回
(平成20年)
第23回
(平成21年)
第24回
(平成22年)
第25回
(平成23年)
第26回
(平成24年)
第27回
(平成25年)
受験者数
合格者数
合格率
管理栄養士養成課程
管理栄養士養成課程
栄養士養成課程
30,475人
7,705人
25.3%
(新卒)
(既卒)
(既卒)
20,570人
5,504人
26.8%
72.3%
7.2%
8.8%
21,571人
7,592人
35.2%
81.8%
18.5%
14.0%
22,073人
6,968人
31.6%
80.6%
9.4%
9.0%
23,744人
6,877人
29.0%
74.2%
8.6%
7.5%
25,047人
8,058人
32.2%
78.7%
14.9%
10.2%
19,923人
8,067人
40.5%
82.1%
14.9%
14.2%
21,268人
10,480人
49.3%
91.6%
29.1%
22.9%
20,455人
7,855人
38.5%
82.7%
7.9%
10.1%
本学の合格率 94.5%
(1期生)
92.3%
(2期生)
96.2%
(3期生)
85.3%
(4期生)
89.5%
(5期生)
93.6%
(6期生)
96.3%
(7期生)
98.8%
(8期生)
88.3%
(9期生)

注) 第20回から、平成12年度栄養士法改正後の受験資格及び試験科目による。

図1 合格率の推移

2013-11-13_101030

管理栄養士の就職先は具体的にどこですか?

管理栄養士は高度の専門知識・技術をもつ者として、各方面において活躍しています。具体的な職場としては以下のようなものがあります。
病院では医療チームの一員として、検査データなどから個々の患者にあった治療食を作ったり、退院後の栄養指導等を行います。
給食センター・社員食堂等では集団給食の栄養管理・栄養指導に携わります。
学校では、栄養教諭や学校栄養士として児童や生徒の給食管理や栄養教育を行っています。
福祉施設では、保育園及び養護老人ホーム等で、乳幼児・高齢者・障害者の方たちの給食管理や栄養指導を行います。
食品産業では、製品開発・品質管理・基礎研究部門等の業務に就きます。
また、今後期待される職域としてスポーツ栄養士等があります。現在はまだ少数ですが、プロのスポーツチームの専属栄養士として個々の選手の食事管理・栄養指導等で活躍している管理栄養士もいます。

管理栄養士国家試験の試験科目は何ですか?

平成17年度(第20回)国家試験から新しい科目での管理栄養士国家試験が実施されています。試験科目と出題数は表の通りです。本学では国家試験科目を対応させて授業カリキュラムを組んでいます。

試験科目 出題数 本学の授業科目
社会・環境と健康 20問 公衆衛生学、社会福祉論、栄養情報処理論、
栄養情報処理演習、環境衛生学
人体の構造と機能及び
疾病の成り立ち
30問 解剖生理学、解剖生理学実習、病理学、生化学、
生化学実験I・II、微生物学、医学概論
食べ物と健康 25問 食品学総論、食品学基礎実験、食品学実験I・II、食品学各論、
調理学、調理学実習I・II、食品衛生学、食品加工学
基礎栄養学 14問 基礎栄養学、基礎栄養学実験
応用栄養学 16問 応用栄養学I・II、栄養アセスメント論、
ライフステージ別栄養食事管理実習、スポーツ栄養学
栄養教育論 15問 栄養教育論I・II、栄養教育論実習I・II、カウンセリング論
臨床栄養学 30問 臨床栄養学I・II・III、臨床栄養学実習I・II、臨床栄養活動論
公衆栄養学 20問 公衆栄養学I・II、公衆栄養学実習
給食経営管理論 20問 給食経営管理、給食経営管理実習、食料経済学
応用力試験 10問 総合演習I・II

大学院に進学する必要性はどこにあるのでしょうか?
将来、大学院に進みたいのですが可能ですか?

自ら問題となることを掘り起こし、自らこれについて学ぶという姿勢を養成することが大学の本来のものでした。しかし高校までの進学を目指した授業や大学における資格取得を目的とした講義のためには多くの知識を詰め込む教育を行わざるを得ないのが現状です。自分で問題を見出し、自分で問題の解決に行動できる人材を育成するためには大学院での教育が必要となってきています。以前に大学教育でもとめられていたものが現在では学部から大学院へ移りつつあります。大学院では既成の知識を学ぶことよりも、自立して研究計画をたて、これを遂行し、得られた結果を論理的に解析し、考察する過程を修得することが目的となります。ここで獲得される論理的思考や問題解決能力は研究者となるには必須のものですし、企業に就職したときに大きなメリットになることは無論です。
http://www.takasaki-u.ac.jp/graduate/eiyo/

病院栄養士になりたいのですが、どんな勉強をすればよいですか?

病院栄養士は、病院・診療所で病気の治療・回復・合併症の予防をチーム医療として目指し、患者さんの栄養管理・栄養評価・栄養指導・給食管理を行っています。ただし、診療報酬の対象となる栄養指導は管理栄養士が行った場合のみです。従って、病院栄養士になる為には、管理栄養士の資格をとる必要があります。管理栄養士免許取得方法として、一番早く管理栄養士国家試験を受験できるのが、管理栄養士養成施設修業年数4年の学校を卒業することです。管理栄養士養成施設大学に入学するために、必須教科の基本をしっかり勉強してください。

スポーツ選手の栄養学に興味があります。
将来、スポーツ栄養の分野に進むにはどのようにしたらよいですか?

本学科のカリキュラムの中には、3年次に“スポーツ栄養学”の科目があります。この科目の中では、運動生理学的観点から栄養・食事について体系的に学ぶことも可能です。また、4年次にはスポーツ栄養をテーマにした卒業研究・演習を行うこともできます。
大学在学中から研究活動に参加したり、スポーツ栄養の講習会などにも積極的に参加したりして、スポーツに対する科学の目を養い、情報を収集するようにしましょう。また、外部とのネットワークを作っておくと良いと思います。たとえば、母校の出身クラブの指導者とまめに連絡を取り合うとか、スポーツ栄養の現場で働いている栄養士さんと話をする機会を作るなどが考えられます。スポーツ栄養分野の仕事はまだ狭き門です。しかし、チームや選手から栄養サポートの依頼があった時にすぐに即戦力になるために、卒業後も自己研鑽をしておくことをお勧めします。そのためのアイデアを2つ紹介します。

(1) スポーツ栄養の現場に出る前に、病院や給食委託会社などで栄養士としての経験を数年間積み、調理の技術、食品の流通、経営や食品衛生等の実践力をつけておく。

(2) データの読解力、カウンセリング能力、企画力、スポーツ医学などの知識や能力を養う。そのためには、大学院へ進学したり、講習会など積極的に参加したりすることが大切です。

栄養教諭になりたいのですが、どうすればなれますか?

栄養教諭は、学校栄養職員(学校栄養士)に教諭の資格を併せ持つ新しい免許制度で平成17年4月に誕生しました。近年、子どもたちの食生活は乱れ、肥満ややせなどの問題が深刻化していますが、栄養教諭は,これまで学校栄養職員によって行われてきた学校給食管理に関する職務にプラスして、児童・ 生徒に対して食に関する指導を行います。また、学級担任や家庭・地域などともうまく調整をしながら、食教育を統括することが仕事なります。本学では、管理栄養士になるために必要な科目と栄養教諭課程科目を履修することで栄養教諭一種免許状の申請が可能となります。

メタボリックシンドロームと管理栄養士の関わりについて教えてください。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が蓄積することによって、糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧を引き起こし、それぞれの症状は軽度であっても、多く合併するほど動脈硬化を促進し、心疾患や脳卒中の原因となります。
平成18年国民健康・栄養調査(厚生労働省)の結果によると、中高年以降の男性の2人に1人、女性の5人に1人が「メタボリックシンドロームが強く疑われる者」やその「予備群」であり、メタボリックシンドローム該当者は約960万人、予備群は約980万人、併せて約1940万人と推定されています。
平成20年4月から実施されている特定健康診断・特定保健指導はメタボリックシンドロームの概念を導入したもので、特定保健指導は医師、保健師、管理栄養士が行うこととされています。メタボリックシンドロームの改善には、食事と運動で内臓脂肪を減少させることが重要であり、食の専門家である管理栄養士の活躍が期待されています。

食品衛生監視員・食品衛生管理者とは何ですか?

食品衛生管理者は、とくに衛生上の考慮を必要とする乳製品、食肉製品、添加物などの製造・加工をする施設で、衛生管理を行う者のことをいいます。これらの施設で製造・加工に従事する者を食品衛生法に違反しないように指導監督し,事業者に違反しないよう進言します。
食品衛生監視員は、国、都道府県、保健所を設置する市において、食品の安全確保のため勤めます。具体的には、検疫所での輸入食品の検査、飲食店、食品製造・加工施設、食品販売所、学校・病院等の給食施設などの食品関連施設に立入り、食品についての監視指導や検査を行うなどします。

どうすれば食品衛生監視員・食品衛生管理者になれますか?

食品衛生管理者は、健康栄養学科で所定の科目を修得して卒業後、その業務に就いたときになれます。食品衛生監視員も、同様に科目を修得して卒業後、公務員として採用され、その行政機関の長により任命されたときになれます。ただ、この資格はその業務に就かないとなれない「任用資格」です。

フードスペシャリストとは何ですか?

食品の官能評価・鑑別など「食」に関する高度な専門知識・技術を身につけ、食べ物や食生活について、流通・販売者と消費者に的確な情報(品質、安全性、機能性、栄養と健康など)を提供し、またレストランや食堂などで快適な飲食ができるよう食空間をコーディネートし、さらに「食」に関する消費者のクレームを処理できる専門職に与えられる資格です。日本フードスペシャリスト協会が認定した大学、短期大学において所定の単位を取得し、認定試験に合格すると認定されます。

フードスペシャリストの資格取得をしての就職先はどこですか?

フードスペシャリストの資格が採用条件となっている就職先は特にありません。しかし、フードスペシャリストが活躍を期待されている職域は幅広く、流通、販売、ホテル、レストラン、消費者センターなど、流通から消費に至るまでの各分野が挙げられます。たとえば、販売の分野では販売員に対し食品の品質情報を知らせ、管理・陳列や科学的知識およびサービスを含めて指導助言したり、顧客に対しては食品の種類や選び方、その利用の方法などにわたり指導助言したりする業務が想定されます。