子ども教育学科
子ども教育学科
子ども教育学科
Prev
Next

資格ガイド

卒業と同時に取得可能な資格・免許

本学科では、所定の科目を履修し必要な単位を取得することで、卒業と同時に複数の国家資格・免許が得られます。

幼稚園教諭一種免許
幼稚園教諭は、3歳から就学前までの幼児を対象に一人ひとりの資質や性格を理解しながら、心と身体の発達をうながす仕事。4年制大卒で一種の資格が得られます。小学校以降の教育の土台をつくる大切な時期に携わり、知育、体育、情操教育のほか、集団の中で相手の気持ちを考えたり、一緒に何かをやり遂げたりといった経験をサポートすることも重要な役割です。近年は、預かり保育も一般的になり、子育て支援のニーズが高まっています。

保育士
保育士は、乳児から就学前までの乳幼児を預かり、保護者の子育てをサポートする仕事。活躍の場は、保育所(園)を中心に、乳児院、児童養護施設、障害児施設、児童館、学童保育などに広がります。子どもの健康と安全を第一に考え、基本的な生活習慣を身につけさせながら養護と教育を一体的に行うことが大事な仕事。年齢に合わせた遊びや経験を通して心身の発達をうながす役目もあります。近年は、地域の子育て支援の核としての活動も期待されています。
認定ベビーシッター
本学は、公益社団法人全国保育サービス協会が指定する「認定ベビーシッター資格取得指定校」になっています。そのため、本学科では、保育士資格に必要な全ての科目を履修し、さらに「在宅保育論」を履修することにより、認定ベビーシッターの資格を取得することができます。専門性を備えたベビーシッターの存在は、現代における子育て支援の一翼を担う重要な存在になりつつあります。
小学校教諭一種免許
小学校教諭は、小学1~6 年生の児童を担任し、すべての教科を教えます(私立校や都道府県によっては音楽や図工などに専科教員を配置する学校が増えています)。授業だけでなく、学級運営を工夫して集団生活や社会生活に必要なルールを指導したり、人間形成に欠かせない経験を支えることも仕事。また、学校行事を運営したり、PTA や地域社会の一員として、まわりの教員・保護者・地域住民と連携し、児童を育成していく意識が大切です。
特別支援学校教諭免許
特別支援学校教諭は、障害のある子どもたちが通う特別支援学校や特別支援学級の教員です。障害と一口に言っても、知的、肢体不自由、病弱など幅広い児童を対象とします。児童の教育だけでなく、保護者の悩みに対し適切な助言ができるカウンセリング能力も必要。近年では、通常学級に通うLD(学習障害)やADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症などの児童の指導に対する専門的なアドバイスも求められます。
※基礎となる教員免許が必要です。

中学校教諭免許 [英語]
中学校では、各教科の専門の先生が授業を担当します。本学では中学校の英語の免許を取得することができます。専門知識や指導力を身に付けるカリキュラムが充実しています。教科指導以外にも、学級担任、生活指導、進路指導、部活動顧問などで、生徒に多方面から接し、思春期の成長を見守り、社会性を身につける支援を行います。2011 年度から全国の公立小学校5、6 年生で外国語活動が必修となったことから、小学校教諭に加えて中学校教諭[英語]の免許を持った教員は、小学校の教育現場でも専門性を期待されています。
司書教諭
司書教諭とは、小学校、中学校、高等学校において、学校図書館の専門的職務にあたる教員のことです。本学科では、小学校教諭免許状、あるいは中学校教諭免許状を取得し、更に必要な科目を履修することにより、司書教諭の資格を取得することができます。

5つの資格・免許を組み合わせ複数取得することによって将来の目的にジャストフィット。

あなたは将来どのような保育者・教育者になりたいですか?
高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科では、イメージする理想像に合わせて、複数の国家資格・免許を組み合わせた養成課程の履修が可能です。保育・教育の連携がますます推進されるこれからは、複数の領域にまたがる教育の知識や資格・免許を持つことが、大きな強みとなります。また、勤めてから視野が広がり、さらに他の領域に関心が芽生えた時にも、資格・免許はあなたのキャリアアップのパスポートとなるでしょう。大学4年間の学びを充実させ、将来の活躍の幅を広げるトリプル資格・免許の取得に、本学科でぜひチャレンジしてください。